中国ロボットメーカーのUBTECH Robotics Corp.は、映画「スター・ウォーズ」の最新シリーズに登場する「ファースト・オーダー ストームトルーパー」をそのまま小さくしたようなコミュニケーションロボット『First Order Stormtrooper』を2018年1月に国内発売する。

【詳細】他の写真はこちら

2017年12月15日に予約受付が開始され、価格は3万9800円(税別)。販売店舗はヨドバシカメラ、ビッグカメラ、ツクモ電機、TSUTAYA家電、三越伊勢丹、AEON、Amazon、DMM.make ROBOTSとのことだ。

(中身は人間じゃないけれど)賢いコミュニケーションロボット





『First Order Stormtrooper』には、「ボイスコマンド(音声認識)」と「顔認識」によるコミュニケーション機能が搭載されている。同時に4人までの顔を登録しての生体認証ができ、相手によって異なる反応を返してくれるのが特徴だ。

ARによるゲーム体験やアプリ操作も





もっとも注目したい機能の「AR没入体験」では、スマートフォンのカメラを利用してAR(拡張現実)表示のゲームが楽しめる。「目標を見つけ出し敵と交戦し、オービタル・ストライクを要請せよ!」といったミッションで、スター・ウォーズ世界の戦闘を体験できる仕組みだ。ストームトルーパー視点のシーン中継も可能とのこと。



iOSとAndroid向けにリリースされるアプリでは、ロボットの動作やライトのオンオフ、話す言葉のプログラミングに対応。「アクションモード」ではストームトルーパーを操縦したり、動きをカスタマイズして遊べるそうだ。

https://youtu.be/PBCxZ5DLpe0

関連サイト



First Order Stormtrooper(PR TIMES)

First Order Stormtrooper(UBTECH Robotics Corp.)

text塚本直樹