【ソウル聯合ニュース】韓国とフランスが5日にソウルで高官級協議を開催し、北朝鮮核問題への対応を議論する。韓国外交部が4日、発表した。

 6カ国協議の韓国首席代表を務める李度勲(イ・ドフン)外交部朝鮮半島平和交渉本部長とフランス外務省の政務総局長(次官級)が出席する。

 外交部は協議について、先月末の北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)級「火星15」発射を受けての今後の対応策を模索し、両国間の連携を強化する機会になると期待を示した。