リプトンの新感覚ホットティー専門店が表参道に - ドライフルーツなどで紅茶をカスタマイズ

写真拡大

紅茶ブランド「リプトン」が提案するホットアレンジティーの期間限定ショップ「Lipton Good in Tea OMOTESANDO」が、2018年1月24日(水)から4月1日(日)まで東京・表参道にオープンする。

紅茶に好みのフルーツやハーブ、シロップを加えてカスタマイズするアイスアレンジティー「Fruits in Tea」を提供する期間限定ショップの冬バージョンとなる「Lipton Good in Tea OMOTESANDO」では、ホットティーにドライフルーツなどを加えて味わう新感覚のホットティーが楽しめる。

太陽の恵みをいっぱいに浴びた紅茶に、同じく自然の力たっぷりのドライフルーツを入れたホットアレンジティー「Good in Tea」。スーパーフードのカカオニブとバナナを組み合わせた「パワーカカオアンドミルク(Power Cacao & Milk)」や、身体を温めるジンジャーティーにキウイを加えた「アウェイクジンジャー(Awake Ginger)」、桜の風味とクランベリーを味わえる「イノセントサクラ(Innocent Sakura)」など、合計9種類のメニューがラインナップする。それぞれ、身体を温めたい、集中したい、調子を整えたい、など、その日の気分や体調に合わせた最適な一杯が味わえるのが魅力だ。

紅茶には、それぞれのテーマに合ったドライフルーツが入る。「イノセントサクラ」には、クランベリー、ピーチのドライフルーツに加え、生いちごにさくらシロップが加わった。ドライフルーツを入れ、茶葉が蒸れて紅茶がフルーツと共に色鮮やかに変わっていく様子を、目の前で見ることができる。

また、自宅でも「Good in Tea」を作れるよう、5種類のデザインから選べるオリジナル茶器とミニボトル入り紅茶、「Good in Tea」限定のドライフルーツも販売。オリジナル茶器は、紅茶が抽出される様子が観察出来るダブルウォールグラス仕様で、自分でアレンジした紅茶の見た目も楽しめる。

なお、3月9日(金)からは、桜が咲く季節にあわせて桜風味のミルクティー「Blooming Sakura & Matcha」が新登場。「Blooming Sakura & Matcha」は、ミルクティーにしたてたさくらティーに、白玉と黒蜜を加えて和菓子風にアレンジした1杯。塩漬け桜でほんのり塩味を効かせて、まるで桜餅のような味わいに仕上げた。

【店舗情報】
「Lipton Good in Tea OMOTESANDO」
オープン期間:2018年1月24日(水)〜4月1日(日)
開催場所:東京都渋谷区神宮前 5-10-1 GYRE B1F
時間:11:00〜21:00(20:30 L.O.)
メニュー:全9種類のホットアレンジティー 各500円(税込) ※イートイン/テイクアウト共通。
販売商品:
・ダブルウォールグラス 5種 各1,650円(税込)
・限定デザインボトル入り紅茶 4種 各450円(税込)
・ミックスドライフルーツ 4種 各200円(税込)

■追加メニュー
・Blooming Sakura & Matcha 500円(税込)
発売日:3月9日(金)〜


[写真付きで読む]リプトンの新感覚ホットティー専門店が表参道に - ドライフルーツなどで紅茶をカスタマイズ

外部サイト

  • NY発「ベジラテ」野菜&フルーツ入りの“新感覚ラテ”、スムージー専門店フィコ&ポムムより
  • キルフェボンから「バラ香るベリーのタルト」限定販売、画家・笹尾光彦の作品をモチーフに制作
  • 台湾発ティースタンド「ジ・アレイ ルージャオシャン」表参道に旗艦店、盆栽モチーフのミルクティー