井上尚弥【写真:Getty Images】

写真拡大

「Superfly2」が2.24開催決定、メインはソールンビサイ戦も“もう一つの目玉”は…

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)が参戦を熱望しているとされる「Superfly2」は、来年2月24日にWBC世界王者のシーサケット・ソールンビサイ(タイ)とフアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)のタイトルマッチ開催が正式発表された。この激突がメインカードとなる見込みだが、大物プロモーターは「イノウエは巨大なファンのお気に入りになった」と語り、アメリカで絶大な人気を博す井上の参戦を心待ちにしている。地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」などが報じている。

 井上が「Monster」の異名を知らしめた9月の米初上陸戦「Superfly」。同7位のアントニオ・ニエベス(米国)に圧倒的な強さを示し、6回TKO勝ちを収めたが、世界の猛者が集う一大イベントの第2弾が、いよいよ本格的に動き出した。

 9月の第1弾でニカラグアの英雄ローマン・ゴンザレスをKOで倒したソールビンサイが来年2月24日にエストラーダと防衛戦を行うことが正式に発表された。さらに、テレビ局「HBO」はこの試合をトリプルヘッダーにする準備を進めており、「Superfly2」のもう一つの目玉は「Monster参戦」だという。

 大物プロモーターのトム・ロフラー氏は「もし、我々は実現できるなら、もう一度イノウエを招聘したい。彼はHBOでの前回のパフォーマンスから巨大なファンのお気に入りになったんだ」と語ったという。強烈な左フックなどでニエベスを圧倒した井上の完勝劇はHBOで放送され、最大77万世帯が視聴。あまりの強さで急速にアメリカで人気を高めたとロフラー氏は語っている。

次戦は30日の防衛戦「そこで勝ってやっと良い1年だったなという想いになれる」

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」は「Superfly2」がカリフォルニア州ロサンゼルスのザ・フォーラムで行われる予定と報じ、着々とイベントの全容が見え始めている。

 井上は3日に雑誌「アスリートサファリ」がおしゃれなスポーツ選手を表彰する「第6回アスリートドレッサーアワード」を受賞した。授賞式で黄色のチェックシャツに紺のジャケット、マフラーをまとい、リング外でもかっこいい一面を自身のインスタグラムに画像付きで紹介し、ファンに反響を呼んでいた。

 次戦は30日のヨアン・ボワイヨ(フランス)との7度目の防衛戦。以前から「年末に試合があるので、そこで勝ってやっと良い1年だったなという想いになれると思う」と語っていたが、米国では“その後”の動向に注目が高まり続けている。