テイラー・スウィフト、ライブでエド・シーランと共演

写真拡大

 現地時間2017年12月1日、米ロサンゼルスのラジオ局KIIS FM主催のコンサート・イベント【iHeartRadio Jingle Ball】にテイラー・スウィフトが出演し、エド・シーランと共演した。

 テイラーは、前作『1989』から「ブランク・スペース」、「シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!」をパフォーマンスし、新作『レピュテーション』からはリード・トラック「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ〜私にこんなマネ、させるなんて」と「エンド・ゲーム」を披露した。「エンド・ゲーム」では、同曲にフィーチャーされているエド・シーランも登場し、観客を沸かせた。2人がステージで共演するのは、2013年以来となる。

 テイラーの最新作『レピュテーション』は、3週連続米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”にて1位を獲得し、初週で2017年最高のセールスを記録した。同作は、先週金曜日からストリーミングが解禁されている。


◎パフォーマンス映像
https://vimeo.com/245492658