『12月4日はなんの日?』唯一無二のギターヒーロー、フランク・ザッパの命日

写真拡大

 12月4日はフランク・ザッパの命日。今から24年前となる1993年12月4日、フランク・ザッパは52歳という若さでこの世を去った。

 1966年のデビュー作『フリーク・アウト!』以降、あらゆる音楽要素を包括した前衛的な音作りで「ジャンル」の枠を超越し、良い意味で“変態”とも称されるギタープレイや独自のこだわりで60枚以上のアルバムを発表してきたフランク・ザッパ。彼の功績やのちのシーンに与えた影響は、決して「ヒットチャート」という側面からは判断できないものだが、実は一曲だけ全米ビルボードHot100において50位以内にチャートインを果たしたヒットシングルがある。1982年5月に発表したアルバム『たどり着くのが遅すぎて溺れる魔女を救えなかった船』収録の「ヴァリー・ガール」だ。ニューウェーヴ的なポップ・サウンドをバックに、ひたすらおしゃべりを続ける女の子は、当時14歳だった娘のムーン・ザッパ。LA郊外のセレブタウン、サン・フェルナンド・ヴァレーに住むトレンドに敏感な女の子たち=「ヴァリー・ガール」を父娘で風刺した同曲は、全米ビルボードHot100において34位のヒットを記録した。ちなみに、アルバムにおいては1974年発表の『アポストロフィ (')』が最高位となる10位を記録している。

 今もなお多くのギタリスト達に絶大な影響を与え続けるフランク・ザッパだが、現在、ロニー・ジェイムス・ディオのホログラム・コンサートも手がけたEyllusion社とザッパの遺族、かつてのバンド仲間らの全面バックアップにより、ザッパのホログラムをフィーチャーしたコンサート・ツアーの実現に向けたプロジェクトが進んでいる模様。同ツアーは2018年の開催が予定されている。