週刊少年ジャンプ1号より

写真拡大 (全2枚)

『週刊少年ジャンプ』の創刊50周年を記念した企画として、『BLEACH』の久保帯人さんや、『トリコ』の島袋光年さんら人気作家の新作読み切りが順次掲載される。

【ジャンプ50周年で久保帯人、しまぶーら豪華読切 次週は西尾維新×河下水希の画像・動画をすべて見る】

これは12月4日(月)発売の同誌1号で明かされたもの。あわせて、冨樫義博さんの漫画『HUNTER×HUNTER』(『ハンターハンター』)の連載再開も発表された。

西尾維新×河下水希、久保帯人、島袋光年ら豪華執筆陣

1968年に創刊された漫画誌『週刊少年ジャンプ』。2018年に50周年を迎え、その歴史を振り返る「週刊少年ジャンプ展」も全3回にかけて開催されている。

アニバーサリーにあわせ、本誌でも豪華な作家陣による新作漫画の掲載が発表。

上述のほかにも、『ニセコイ』古味直志さん、『ピューと吹く!ジャガー』『フードファイタータベル』うすた京介さん、『ぬらりひょんの孫』椎橋寛さん、『べるぜバブ』田村隆平さんらの執筆が明かされているほか、さらなる新作も用意されているようだ。

西尾維新×河下水希「パートストーリーズ」
そして12月11日(月)発売の2・3合併号では、『めだかボックス』原作や〈物語〉シリーズで知られる西尾維新さんと、『いちご100%』の河下水希さんによる読切「パートストーリーズ」が掲載。「生徒会の元に舞い込んだとある事件」をめぐるミステリアスな物語になるという。

1月4日(月)発売の6号には『ニセコイ』古味直志さんの新作が掲載され、ほかの作家陣の掲載時期も追って発表されていくとみられる。