“お茶”がテーマの「ホテル1899東京」が新橋に、縁側付き客室や茶料理&スイーツが楽しめるレストラン

写真拡大

“お茶”をテーマにしたホテル「ホテル1899(イチハチキュウキュウ)東京」が、2018年12月1日(土)に東京・新橋にオープンする。

老舗旅館「旅館龍名館本店」で知られる龍名館が手がける「ホテル1899東京」。日本画家の川村曼舟や伊東深水らはじめ、作家、芸術家など多くの文化人に愛されてきた「旅館龍名館本店」の伝統を受け継ぎながら、「現代的に解釈された茶屋体験」をデザインコンセプトにした地上9階のホテルを新設する。

客室は茶屋をイメージ、縁側付きのユニークな部屋も

モダンにアレンジされた“お茶文化”を、館内と客室の随所で感じられる内装が、本館最大の特徴。客室数は63室で、「茶屋をイメージした庵(いおり)」をデザインコンセプトにした4種類のデザイナーズルームを用意。客室タイプはダブルとツインルーム(2人1室タイプ)のみで、宿泊料金は1泊23,000円〜45,000円(税込)。

客室のカーペットやインテリアは、木目と緑茶をイメージしたやわらかいグリーンを基調に。「スーペリアダブルB -ENGAWA-」など35室は、その名の通り「茶屋の縁側」をモチーフにした家具を設置。また、客室のベッド側半分の床全体を約40cm高くすることで、茶屋の縁側のように腰をかけてくつろぐ事が出来るほか、お茶をその場で淹れられるよう、一部の部屋では洗面台をベッドルーム側のデスク横に配置しているのも、他のホテルにはない珍しい特長となっている。

お茶料理&スイーツが楽しめるレストラン

また、1階にはお茶を使った料理とスイーツを提供するレストラン兼デリカテッセン「デリ&バル(DELI&BAR)」がオープン。レストランはランチ、ディナーの両方で営業するほか、日本全国から取りよせたものや当社オリジナルのものなど、常時10種以上の日本茶の茶葉の物販販売も行う。

さらに2階のフロントにも、日本茶を試飲できるカウンターを設けるほか、お茶関連の商品を販売するショップを併設する。

施設情報

「ホテル1899(イチハチキュウキュウ)東京」
オープン日:2018年12月1日(土)
住所:東京都港区新橋6丁目4番
料金:1泊 23,000円〜45,000円(税込)
客室数:63室(2人1室タイプ)
「スーペリアダブルA -IORI-」28室 /「スーペリアダブルB -ENGAWA-」7室/「スタンダードダブル」21室 /「コーナーデラックスツイン」7室
アクセス:
・JR、東京メトロ、都営地下鉄、ゆりかもめ「新橋駅」から徒歩9分
・JR、東京モノレール「浜松町駅」から徒歩13分
・都営地下鉄「御成門駅」徒歩6分/都営地下鉄「大門駅」徒歩10分
・羽田空港からタクシーで約20分/成田空港からタクシーで約60分

【予約】
TEL:03-5289-7088
※開業日2018年12月1日から2019年11月30日までの宿泊予約を受付


[写真付きで読む]“お茶”がテーマの「ホテル1899東京」が新橋に、縁側付き客室や茶料理&スイーツが楽しめるレストラン

外部サイト

  • ソルビンのクリスマス限定「抹茶いちご」かき氷、ツリーのような抹茶アイスにいちごをたっぷり
  • パフューム×伊勢丹、人気曲をイメージしたキーホルダーやダンスヒールの新作など登場
  • 酒枡に入った日本酒風味のケーキ「クリス枡スイーツ」が大阪・千里阪急ホテルから登場