香取慎吾

写真拡大

12月3日放送のラジオ番組「ShinTsuyo POWER SPLASH」(bayfm)では、香取慎吾と草なぎ剛が、ラジオ局が発行するフリーペーパーに掲載されたことを報告し、自分たちの番組の特集が組まれた喜びをあらわにした一幕があった。

【写真】「ホームに帰ってきた気持ち」と番組愛を語った草なぎ剛

冒頭からテンションが高い草なぎに対して「元気そうですね、パワフルですねなんか。久々ですよね」と香取。

この言葉を受けて、草なぎが「いろいろ活動してて、一人で仕事することもあるしこうやって集まることもあるし。ある意味、(ラジオ番組は)ホームに帰ってきたかなという気持ちもあります」と番組愛を語った。

続いて「できましたね、bayfmの『タイムテーブル』っていうんですか」と草なぎが、ラジオ局が発行するフリーペーパーに番組が掲載されたことを嬉しそうに報告。

香取も「これ、はじめてね。番組っぽいね。23年かかってやっとこの『タイムテーブル』に載れましたよ」と感慨深げに語り、「20年かかりましたからこれ(笑) すごいね。僕らの特集をちゃんと組んでくれてね」と草なぎも続いた。

「これに載るためにやってきた」などと、喜びの気持ちを相次いで言葉し、「これが終着点とならないようにがんばっていきたいと思います」と香取が決意を新たにした。

すでに草なぎのTwitterでは表紙の画像が投稿されており、フォロワーからも「欲しい」などの反響が寄せられていた。

また、ShinTsuyoミュージックセレクションのコーナーでは、草なぎが事前に楽曲について調べてきたメモをみた香取は、「いつ書いたの?今日このラジオだから?」、「すごいじゃんちゃんとして、どうしたの?」と終始驚いた様子の香取。「やっぱタイムテーブルできると違いますね」と、特集が組まれたことで、草なぎのモチベーションにもつながったようだ。

「ShinTsuyo POWER SPLASH」(bayfm)は毎週日曜夜7時から放送。(ザテレビジョン)