出典:https://www.shutterstock.com

どんなに仲の良いふたりでも、長い付き合いの末に、刺激がなくなって“空気”のような存在になってしまうこともあるでしょう。そんな時は、お互いに努力して壁を乗り越えていきたいものです。そこで今回は、“AB型男子×B型女子の恋の末路”についてお伝えします。

 

■AB型男子×B型女子の恋の末路1:お互いの話を聞いているようで聞かないふたりに

興味の幅が偏りがちなAB型男子と、その時の気分を大切にするB型女子は、ふたりとも人の話をよく聞かない傾向があります。付き合い始めの頃は、お互いの言葉に耳を傾けていたのですが、長い付き合いの末に、“なんとなく聞いているフリ”をしてしまいがち。悩みや大事な相談事も適当に流してしまうので、徐々に関係に溝ができてしまうかも……。

 

■AB型男子×B型女子の恋の末路2:興味の対象が恋人から他に移ってしまいがち

AB型男子もB型女子も、集中力があまりなく興味の対象がコロコロ変わると言えます。それが趣味や食べ物の好みならそこまで問題ないのですが、異性の好みだとかなり厄介かも。はじめのうちはラブラブな二人でも、付き合っていくうちに、他の異性に目移りしてしまうおそれが……。お互いの気持ちをとどめるためにも、新鮮な関係づくりと相手の長所に目を向けるようにしましょう。

 

■AB型男子×B型女子の恋の末路3:すれ違いからのケンカが増えるように

AB型男子とB型女子は、ふたりともロマンチストな性格なのですが、その感性はまったく別物だと言えます。AB型男子は非現実的な妄想に酔いしれる一方で、B型女子は現実的なムードにドキドキする傾向が。そのため、お付き合いの長さとともに、デートの雰囲気や金銭的なトラブルでケンカが起きてしまいそうな予感があるでしょう。デートプランや将来のことを話し合うことで、お互いの価値観のすり合わせをしていかないと、心が離れてしまうかも……。

 

■AB型男子×B型女子の恋を再燃するには…「ロマンチックなイベント」を大切に

AB型男子とB型女子が恋の末路に行き着くと、相手を思いやるのが面倒になりいい加減な付き合いになってしまいがち。そこでふたりの恋を再燃するには、“ロマンチックなイベント”を大切にしましょう。きちんとお互いの好みを把握し、どちらも満足のいくデートができれば、愛情もより深まるはず。AB型男子のやや偏った性格も、B型女子の気まぐれな性格もマイルドになり、これまで以上に良い関係を築いていけるはずですよ。

 

異なる血液型同士というのは、お互いの価値観に違いがあるかもしれません。そんな時は、まず相手のことを知ろうとする気持ちが大切。そうすれば、相手もあなたの価値観を受け入れようとしてくれるはず。恋人同士、呼吸を合わせれば、不思議とお互いの心が分かってくるでしょう。(脇田尚揮/ライター)

【画像】

※ Martin Novak/shutterstock

【関連記事】

※ 【まったく欲情しない…】男子が実はドン引きしている女子の下着

※ イラっとする…「年上彼氏」が実は嫌がっている5つのコト

※ 破局の原因にも…やってはいけない“同棲中”のNG行為