最近運動していない上、お腹がポッコリしてきたなと感じる男性のあなた。特にそこまで食べていないのにお腹がたるんできたと感じるのであれば、今すぐに筋トレをして腹筋を増やしましょう。ここでは見た目だけじゃない、お腹ポッコリ男性が筋トレをはじめるべき4つの理由について紹介します。

筋肉のポンプ作用でむくみも改善できる

慢性的な運動不足や、無理なダイエットなどのせいで筋肉量が低下すると、身体の血液を循環させる筋ポンプ作用が適切に働かなくなります。筋肉量が適正な方は、心臓から送り出された血液が末端の手足へ送り出されても、筋ポンプ作用でスムースに血液は送り返されます。しかし筋肉量が低下することにより、この筋ポンプ作用が適切に働かなくなると、血液の循環は停滞し、老廃物の蓄積、むくみ、冷えによる基礎代謝の低下などの原因となってしまいます。お腹ポッコリ、水太りが気になる方は筋トレによって筋肉量を増やす必要があるのです。

筋肉周辺は脂肪が沈着しにくくなる

鍛え上げられた筋肉の周辺は筋ポンプ作用で血液の循環が良くなります。逆に筋肉量に乏しいと血液循環が悪くなり、脂肪やセルライト沈着の原因となるのです。これは血液循環悪化に伴い増えてくる余計な水分、老廃物が脂肪細胞と結合してしまうためです。筋肉を鍛えることで脂肪やセルライトの沈着しにくい身体になることができます。

筋肉が姿勢を改善しお腹ポッコリを抑制する

お腹周辺の筋肉、例えば腸骨筋、大腰筋といった筋肉が衰えると、骨盤が後ろに傾き下腹が出てきてしまいます。それと同時に腸の活動も衰えてしまうため、余計お腹周りの脂肪がつきやすくなってしまいます。お腹をねじる、足を曲げながら前後に出すトレーニング等を行うことで、腸骨筋、大腰筋といったお腹周辺の筋肉を鍛えることができます。それによって姿勢が整い、腸も活性するのです。

基礎代謝の上昇で同じ食生活でも太りにくくなる

あとはご存知のとおりかもしれませんが、筋肉量が増加することで基礎代謝が上昇し、同じ食生活でも太りにくくなることができます。学生の頃はあんなに食べていたのに痩せていたけど、今は大した量を食べていないのに太る。これは基礎代謝が低下したことを意味します。お腹ポッコリが始まったら基礎代謝が落ちているサインと理解しましょう。

以上紹介した4つの理由の通り、お腹ポッコリが気になる男性のあなたは今日から腹筋や姿勢の意識を取り入れてみてください。見た目年齢と体年齢は比例していますよ!


writer:サプリ編集部