職場で起こる理不尽をどう切り抜けるか

写真拡大

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という格言がある。賢き先人たちは、古典の知恵に学び、ピンチを切り抜けてきた。雑誌「プレジデント」(2017年5月29日号)では、戦略書の古典「孫子」の特集を組んだ。今回は特集から、中国古典研究家の守屋淳氏による「職場の人間関係」についての考察を紹介しよう――。

■ビル・ゲイツや孫正義も愛読

国がいかにして生き残るかを著した『孫子』は、企業の生き残りと重ね合わされ、現代でもビル・ゲイツさんや孫正義さんをはじめ、多くの経営者に読まれています。

組織論として読まれることの多い『孫子』ですが、個人の生き方にも孫子の兵法は応用できるのでしょうか。大勢が助かるために自分が囮となった場合、リストラされる側になった場合など、切り捨てられる側になったとしたら、喜んで受け入れられるものではありません。

企業の研修で「従業員を解雇しやすいアメリカ型経営と解雇しにくい日本型経営の、どちらを選びますか」と問うと、真っ2つに分かれます。で、アメリカ型経営を選択したグループに、自分がリストラされる側になっても受け入れますかと問うと「うっ」と詰まる。上からの目線と下からの目線はやはり違うものです。

アメリカ型経営をするならば、リストラで辞める社員がほかでも食べていける技量を身に付けさせてから出すべきです。それができないと、本当にひどいことになります。

今や日本を代表する大企業といえどもクビ切りは当たり前になってしまいました。

しかし、大企業に勤めている人ほど、社内で自分の何が武器になるかはわかっていても、一般社会に出たときに何が武器になるのかを考えていません。生き残るためには「何で勝つのか、どこで勝つのか、いつ勝つのか」という3点は個人としても常に考えるべきです。

■まず生き残ることを考えるリアルな哲学

会社勤めしていると会社と自分の幸せを同一視しがちです。しかし、1つの価値観に固まってしまうと、生き残るのは難しい。もはや会社には依存できない時代です。会社に囚われず、自分が勝てる土俵を常に探すべきでしょう。

『孫子』と職場の人間関係の問題もよく聞かれます。例えばライバルの多い社内で自分の立場を鮮明にしたほうがいいのか、中立を守るほうがいいのか。これは難しいですね。

孫子ならまず、争っている2人と自分の関係を考える気がします。対等な関係であれば、中立を保っていても問題ない。しかし、上層部同士が争っていて、あとで「なんで俺の味方しなかった」と言われる立場だったら、どちらかに付いておいたほうがいいのか。ないしは、どちらにも付かなくても「こいつがいないと組織が回らないから、味方にしておこう」と思わせるぐらいの何かを持つことで問題を回避しようとするのか。

孫子の兵法の使い方は場面ごとで変化します。しかし、その根底にあるのは、感情は置いておいて、まず生き残ることを考えるリアルな哲学です。勇気を振り絞るだとか、敗者の美学といった世界とは真逆の世界観です。

とはいえ、2500年も前に書かれた古典が役に立つのでしょうか? キヤノン電子の酒巻久社長はこう語っています。

「自分は古典を答え合わせに使っている。何か問題があったら、まず自分でどうするか考える。出した答えと同じようなことが古典に書いてあったら、それは正解だと思うようにしている。古典にこう書いてあると人を説得しやすい」

古典に答えを探しても、昔の話すぎて具体的な答えが載っているわけではありません。古典を答え合わせに使うというのは正解だと思います。

----------

守屋 淳
1965年生まれ。早稲田大学卒業。大手書店勤務ののち、中国古典研究家として独立。著書に『最高の戦略教科書 孫子』ほか。
 

----------

(中国古典研究家 守屋 淳)