米空軍のF22(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国と米国の両空軍が4日、米空軍の最新鋭ステルス戦闘機「F22」6機を含む約230機の航空機を用いて過去最大規模の合同空中訓練を始める。北朝鮮が先月29日に大陸間弾道弾ミサイル(ICBM)「火星15」を発射するなど核とミサイルの脅威を増大させるのに対抗し、韓米同盟が軍事的な圧力強化の措置を取ることになる。

 韓国軍関係者は「韓米の空軍は予定通り、きょうから8日まで朝鮮半島上空で定例の合同空中訓練『ビジラント・エース』を実施する」と伝えた。

 韓国空軍と米第7空軍は備えの強化を目的に同訓練を毎年実施しているが、今年は規模、内容ともに過去とは次元が異なるとされる。

 米軍がF22を6機まとめて韓国に展開させるのは初めて。編隊は2日に韓国に到着している。ステルス性能に優れ、敵の防空網を突破し重要施設を精密に攻撃することができる。防空網の弱い北朝鮮にとって最も脅威となる兵器だ。

 最新鋭ステルス戦闘機F35Aも6機参加する。垂直離着陸の機能を備えたF35Bの編隊は在日米軍基地から出動して韓国上空に展開した後、そのまま基地に戻る。

 戦略爆撃機B1Bの編隊は爆撃訓練を行うようだ。他にも、電子戦機EA18Gグラウラーが6機、戦闘機F15CとF16がそれぞれ約10機、訓練に参加する。

 韓米の両空軍は、有事が発生した場合に空中からの北朝鮮軍機の侵入を阻止し、北朝鮮上空に進入して移動式発射台など核・ミサイルの標的を精密攻撃する訓練を集中的に行う予定だ。韓国首都圏を脅かす北朝鮮軍の長距離砲を攻撃し、北朝鮮軍特殊部隊の海上からの侵入を防ぐ訓練も実施する。