タカス/pixta

写真拡大

◆激励のフレーズは効かないどころか逆効果

 「自ら進んで取り組め」「主体性を高めろ」「能動性を発揮しろ」……能力開発プログラムの演習をしていると、先輩が後輩に対してかける激励のフレーズとして、よく出される例だ。

 先輩社員に聞いてみると、後輩の仕事ぶりについて最も不満に感じることが、先輩から世話を焼かれたり、あれこれ指示をされないと、動き出さないということだという。先輩・後輩の間柄でも、上司・部下の間柄でも、こうした悩みはつきない。企業のサポートをしていたり、演習を実施したりしていても、多く寄せられる相談事だ。

 そこで、前出の掛け声をかけるのだが、これらが効き目がない。後輩社員に聞いてみると、「自ら進んで取り組めと言われても、何をしたらよいかわからない」「ただ主体性を高めろと言われても、どうすればよいかわからない」「能動性を発揮しろと言われても、そもそも調子が出ないのだから、しょうがないでしょう」という意味の返答が返ってくる。激励のフレーズは効き目がないのだろうか。

 先輩からすると、話が通じていないことを実感して、熱くなって、そのフレーズを繰り返せば繰り返すほど、後輩との関係はぎくしゃくする。先輩からみれば「何度言っても効かない、あいつは駄目だ」と後輩を見放し、後輩からみれば「うるさい先輩だ。あまり関わりたくない」と先輩との距離を置く。かくして、関係性は悪化する。

 私は、この問題は、激励のフレーズがいかに無力かということを示している典型例のように思えてならない。掛け声をかければかけるほど空回りする、むしろ、逆効果にしかならないのだ。

 もし、激励のフレーズを使わずに、掛け声をかけずに、相手の意欲を高めることができたら、すばらしいと思わないだろうか。企業を支援したり、演習を実施する中でさまざまな方法を試してきたが、実は、たいへん効果のある方法がある。その方法を実施してみたいと思わないだろうか。

◆選択肢の提示だけの方が効果がある

 その方法とは、「能動性を発揮しろ」と決して言わずに、選択肢を提示するということだ。例えば、先輩が後輩に次のアクションをさせたいとしよう。「能動的に○○をしろ」と言わず、「AとBだったらどちらをしたいか」という選択肢を提示する方法だ。

 後輩は、AかBか選択する。選択する際に能動的な行動がおきるので、能動的なアクションをさせることができるのだ。

 これを「能動的に○○しろ」と言ってしまった途端、「○○しろ」という命令が後輩を受動的にさせるので、いくら「能動的に」というフレーズを付したとしても、能動的な行動は生まれない。能動的な行動が生まれないどころか、矛盾したことを言っている人物として信頼を損なうか、「能動的に」と言っていることは方便としていっているに過ぎないと見透かされてしまうのだ。

 何の気なしに使っている一行足らずのフレーズだが、生み出したい行動に直結していないので、効果がないし、むじろ逆効果になってしまう。

 そうであれば、「能動的に○○しろ」と、語尾を命令形にしないで、「能動的に○○しましょう」と言えばよいのではないかという反応に接したことがある。確かに「○○しろ」という命令形よりも「○○しましょう」と意志形の表現の方が、後輩を受動的にする度合いは低い。しかし、意志形であっても先輩という相対的に強い立場にいる人が、後輩に対してこのフレーズを使ったら、暗黙の命令の意図が相手に伝わる。そのため、能動的な行動を阻害し、相手を受動的にさせる効果をもたらしてしまう。

 相手を能動的にさせたかったら、「能動的に○○しろ」はおろか、「能動的に○○しましょう」とすら、言わないほうがよい。このようなフレーズは決して使わない方がよい。これが、フレーズを使えば使うほど、相手が踊らなくなる原理なのだ。