トヨタ自動車が先頃発表した2017年1〜10月のダイハツ、日野含むグループの世界累計販売は、860.5万台(前年同期比+3.1%)と好調。

市場別では国内が昨年12月に投入した「C-HR」などの好調により196.2万台(前年同期比+5.2%)、海外が欧州市場での販売増などで664.4万台(同+2.5%)となっています。

国内販売の内訳はトヨタ本体が137.3万台(同+3.9%)、ダイハツが53.2万台(同+8.5%)、日野が5.6万台(同+8.1%)と各社共に前年同期比増の状況。

また、10月単月のグループ国内販売についても18万台(前年同月比+2.8%)と、2ヶ月ぶりに前年同月実績を上回っており、軽自動車を含む国内シェアは、48.3%(+2.1ポイント増)となっています。

この調子で行けば、4年連続で1,000万台超えが視野に入る状況になってきました。

(Avanti Yasunori)

4年連続1,000万台超えが視野に!トヨタグループの1〜10月世界販売が好調(http://clicccar.com/2017/12/04/537110/)