ご当地銘菓が最強!都道府県ランキング

写真拡大 (全4枚)

近年注目されている“ご当地グルメ”。その土地で生まれ、親しまれてきたおいしいものが注目を集めています。では、そんなご当地グルメの中でも、特に“ご当地銘菓”が魅力的だと思われているのはどの都道府県なのでしょうか。
そこで今回は、ご当地銘菓が最強だと思う都道府県について探ってみました。

1位 北海道
2位 沖縄県
3位 静岡県
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「北海道」!


国内旅行先人気ランキングで常に上位に選ばれている北海道。北海道といえばお寿司や海鮮丼、ジンギスカン、ラーメンといったご当地グルメの宝庫。そして全国的に有名なご当地銘菓を多く有することでも有名。
マルセイバターサンドは全国で開催される北海道物産展で常に大人気。しっとりとしたクッキーの間に挟まれた濃厚なクリームとレーズンが絶妙なハーモニーを醸し出しています。
そして北海道と言えば白い恋人も外せないところ。サクッと軽いラングドシャクッキーに挟まれたホワイトチョコがほどよく甘く、後引くおいしさです。
北海道産のじゃがいもを使用した、じゃがポックルは北海道旅行のお土産として大人気。そんな様々な人気銘菓を誇る北海道が1位となりました。

2位は「沖縄県」!


美しい海と青い空を楽しむことができる日本の楽園・沖縄県。沖縄県には他の都道府県とは少し異なる食文化が根付いていて、それが銘菓にも反映されています。
特に有名なのがちんすこう。琉球王朝時代から食べられている小麦粉、砂糖、ラードを使用した伝統的なお菓子であり、サクッホロッとした食感が特徴的。
また、揚げたドーナッツのようなサーターアンダギーも歴史が長い銘菓。その他、特産品である紅いもを使用した紅いもタルトなども人気を集めています。

3位は「静岡県」!


お茶の名産地として知られている静岡県。代表的な静岡銘菓と言えばうなぎパイ。“夜のお菓子”というキャッチフレーズで有名なうなぎパイは、 厳選された原材料に加え、うなぎエキス、ガーリックなどの調味料が使用されています。サクサクしたコクのあるパイは幅広い年齢層から愛されています。
その他、ふわふわ食感が楽しめるこっこや、安倍川もちも有名です。

このように、大人から子どもまで楽しんで食べることができる銘菓を多数有する都道府県が上位に選ばれる結果となりました。気になる4位〜47位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの都道府県のご当地銘菓がお気に入りですか?

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年11月08日〜2017年11月09日