忘年会における気遣い9パターン

写真拡大

忘年会シーズンに突入し、連日連夜、飲み会に参加している方もいらっしゃると思います。普段、一緒に飲めないような方が参加する忘年会での気遣いは、好印象を与えるチャンスでもあります。ではどのような気遣いが有効なのでしょうか。そこで今回は、「忘年会における気遣い9パターン」を紹介させて頂きます。

【1】時間どおりに集合するよう、協力する。
気になる男性が幹事役だった場合、忘年会の開始前は、気遣いをアピールするチャンスです。幹事に対する協力姿勢を見せることで、好印象を与えることが可能です。

【2】靴を揃える。(他の人の靴も)
気になる男性が自分よりも後ろにいた場合、有効なパターンです。せっせと靴を揃える姿を見せれば、面倒見の良い女性としてのアピールが可能です。

【3】出入り口に近いところに座る。
店員さんから食事を受け取るなど非常に重要な役割を担う位置です。忙しい席ではありますが、活躍するチャンスも多く、「働き者」をアピールすることができます。

【4】メニューは読みやすいように渡す。
食事やドリンクのメニューの渡し方も重要です。しっかりと相手が読みやすい方向で渡しましょう。このような些細な気遣いの積み重ねが重要です。

【5】幹事を頼ることなく、自ら店員さんを呼ぶようにする。
状況に応じて、自ら対応することで、幹事の負担を軽減することができます。気になる男性が幹事だった場合、男性を助けることになります。

【6】会話に入れない人に話を振ってあげる。
忘年会はみんなで盛り上がりたいもの。会話に入れない人を見つけた場合、話を振るなどの気遣いも必要でしょう。

【7】周りの人が酔っぱらってきたときこそ、グラスの飲み物の減り具合をチェック。
乾杯直後であれば、酔っぱらう前なので、グラスの減り具合をしっかりとチェックし、お酒を注ぐことができます。しかし、酔いが進むと、注意力が散漫となり、グラスの飲み物の減り具合をチェックできない人も増えてきます。周りの人が酔っぱらったときこそ、注意深く観察してお酒を注ぐなど、気遣いをアピールできます。

【8】飲み会の終盤、ウーロン茶を頼んでおく。
飲み過ぎた人のためにウーロン茶を用意しておくパターンです。普段、お酒を飲まない人は酔い過ぎている可能性があるので、ウーロン茶を用意して、ちょっと酔いを覚ます準備を整えてあげても良いでしょう。

【9】「お店を出るときにみんなの忘れ物をチェック」
酔っぱらってしまって、忘れ物をする人も多いと思います。掘りごたつの下など、忘れ物をチェックしてから、お店を出ましょう。このような些細な気遣いであっても、誰か見ているものです。

他にはどのような気遣いによって、好印象を与えることができるのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。