追加タイムのカイセド弾でラツィオが要塞ルイジ・フェラリスを攻略! 上位陣を追走《セリエA》

写真拡大

▽セリエA第15節、サンプドリアvsラツィオが3日に行われ、1-2でラツィオが逆転勝利した。

▽前節ボローニャに0-3と完敗した6位サンプドリア(勝ち点26/未消化1試合)と、フィオレンティーナにラストプレーのPK被弾で引き分けに持ち込まれた5位ラツィオ(勝ち点29/未消化1試合)による上位対決。

▽ユベントスを敗るなど、ここまで全勝を誇るルイジ・フェラレリスにラツィオを迎えたサンプドリアが、徐々に攻勢を強めていく流れとなった一戦。

▽そんななか、ラツィオは15分にパローロがヘディングシュートで、17分にインモービレがコントロールシュートでサンプドリアをけん制していく。

▽その後もサンプドリアがハイプレスをかけて圧力をかけていくと、ガストン・ラミレスが立て続けにミドルシュートを浴びせてラツィオを脅かした。そして、31分には決定機。ガストン・ラミレス、プラートとつないでボックス右のD・サパタがシュート。枠を捉えていたが、GKストラコシャのセーブに阻まれた。

▽オープンな打ち合いとなった好ゲームは、36分にはラツィオに決定機。CKの流れからインモービレのミドルシュートが枠を捉えるも、こちらもGKヴィヴィアーノにセーブされる。さらにルーズボールをボックス右のルイス・アルベルトがシュートに持ち込んだが、ゴールライン前のベレシュインスキにカットされた。

▽ハーフタイムにかけても互いにゴールに迫ったが、前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、52分にラツィオに決定機。マルシッチの右クロスを受けたパローロのシュートが左ポストを直撃した。すると56分、サンプドリアが先制する。トレイラの浮き球フィードをクアリアレッラが頭で落とすと、D・サパタがボックス中央で受けてシュートをゴール左に流し込んだ。

▽その後もオープンな攻防が続くなか、1点を追うラツィオは75分にルーカス・レイバとルリッチに代えてカイセドとJ・ルカクを投入。アタッカーを増やして攻勢を強めると、80分に同点に追いついた。右サイドで得たFKが混戦を生むと、ゴールエリア右にこぼれたルーズボールをミリンコビッチ=サビッチが押し込んだ。

▽終盤にかけては同点としたラツィオが攻勢に出ると、追加タイム1分に逆転する。ミリンコビッチ=サビッチの意表を突いたスルーパスをインモービレがシュート。GKヴィヴィアーノにセーブされるも、ルーズボールをカイセドが押し込んだ。

▽エクアドル代表FWのセリエA初ゴールが決勝点となってラツィオが勝利。要塞ルイジ・フェラリスを攻略して上位を追走している。