【ヒット確実な新製品の「試してわかった」をレポート】

【詳細】他の写真はこちら



プロの目利きたちがいち早くハンズオン! ヒット確実な気になる製品の試してわかったことをすべて教えます。

音も、操作も、装着感もすべてが心地よいワイヤレス



去る11月10日に発売された『ATH-WS990BT』は、オーディオテクニカの新たなサウンド・クリエイションが堪能できるワイヤレスヘッドホンだ。φ53mmの“ディープ・モーション”ドライバーを搭載し、重低音の響きはまさしくディープ。しかも、ノイズキャンセリング(NC)機能に加え、ヘッドホンを外すことなく周囲の音が確認できるヒアスルー機能も搭載。有線接続時にはハイレゾ音源にも対応するなど、デイリーユースにおいて死角なしの1台に仕上がった。



オーディオテクニカ

ATH-WS990BT

実勢価格:2万5000円

【SPEC】

型式:密閉ダイナミック型

ドライバー:φ53mm

出力レベル:101dB/mW

再生周波数帯域:5〜40,000Hz

通信方式:Bluetooth Ver.4.1

対応コーデック:aptX、AAC、SBC

連続使用時間:約25時間(BT/ON、NC/ON時)、約30時間(BTのみ使用時)

質量:約300g

クッキリ&程よい低音で積極的に使いたいワイヤレス



昨秋発売されたオーディオテクニカのワイヤレスヘッドホン『ATH-DSR9BT』は、それまでのBluetoothヘッドホンの音質に対するネガティブな印象を払拭した1台だった。

「これがワイヤレスの音?」 初めてこのモデルを試聴した人の多くが、そう感じたはずだ。

あれから1年。オーディオテクニカはBluetoothヘッドホン市場に次の刺客を投入した。それが『ATH-WS990BT』である。

これは前述の『ATH-DSR9BT』とは異なり、同社の基幹シリーズのひとつ「SOLID BASS」にラインナップされるモデル。シリーズに共通する最大の特徴は重低音の表現力で、『ATH-WS1100』を筆頭に、その低音再生力は高い評価を獲得していた。だが新モデルの『ATH-WS990BT』はワイヤレスタイプ。どこまで低域が表現できるのかが注目される。

今回、試聴に使用したのは、Astell&Kernの『AK70 MK供(実勢価格:7万9980円)。今秋発売となったハイレゾプレーヤーで、同社ではエントリーの位置づけながらも、サウンドクオリティが高評価を得ているモデルだ。

まず、ワイヤレスで試聴したところ「おや?」という感覚。サウンド全体が鮮明である上に、低音がしっかりと、しかも瑞々しく表現されていたからだ。ロック、テクノ、ポップス、クラシック、ジャズなど複数のジャンルで試聴してみたが、いずれも上々の満足感。繊細なストリングスから、うねるようなベースラインに激しいドラム、電子音によるビートまで、あらゆるジャンルの低音を気持ちよく、そして美しく再現。もちろん、有線接続でのハイレゾ再生も満足度は高いのだが、外出時における利便性と音質を考えたら、ワイヤレスを積極的に使いたくなる。

しかも、これで実勢価格2万5000円というのだから良心的。主張を控えたルックスも含め、その完成度には拍手を贈りたい。

ペアリングや一連の基本操作はスムーズに行える?



長時間聴いていても快適な装着感?





イヤパッドは、硬さが異なる2種類のクッション材を内包した独自の2レイヤード仕様で、耳を優しく、しっかりと包み込んでくれる。もちろん、ヘッドバンド部にもクッション材を使用しており、長時間のリスニングでも疲れ知らず。

ヒアスルー機能はどれだけ使える?



ワイヤレスと有線接続。それぞれ、どれだけいい音で楽しめる?



※『デジモノステーション』2018年1月号より抜粋。

関連サイト



ATH-WS990BT(audio-technica)

textタケイシユーゾー(編集部)

photo江藤義典