ミズノマリンが開発した救命艇シェルター(写真:ミズノマリン)

2012年4月、スマトラ島沖でマグニチュード8.6の激しい地震があり、南国の楽園タイのプーケットにも津波が押し寄せました。


この連載の一覧はこちら

津波警報が発令され、人々は一斉に高台に向かって避難を開始。たまたま当地に滞在していたミズノマリンの水野茂社長も、いつ津波が来るかもしれないという恐怖の中、現地の人々とともに高台を目指しました。東日本大震災の記憶も蘇り、「いま津波が来れば、自分も含め、ここにいる人々はみな助からない」と大混乱の中で思いました。「でも、もしここに救命艇シェルターがあれば、どんなに安心だろう」 もともと救命ボートの検査と整備が専門の水野社長は、痛切にそう感じたそうです。

そして、津波による被害の低減を目指し、救命艇シェルターの開発を決意。種々工夫を重ね、2013年に25人乗り全閉型第1号艇、2016年に同第2号艇を開発しました。Gデザイン賞も獲得しています。ただ価格が800万〜900万円と高く、なかなか普及に至らないのが悩みの種です。

わが社は「船のお医者さん」

ミズノマリンは、創業約30年。大阪府豊中市に本社を置き、プレジャーボート(海洋レジャー用船艇)のマリンエンジンの整備と大型船に搭載されている救命艇の検査が、同社の2本柱です。

「言わば、船のお医者さんです。関西で、マリンエンジンの整備と救命艇の検査を専門にしているのはわが社だけです」と、水野社長。スタッフは約30人。うち8人が外国船救命艇の検査資格を持つ技術レベルの高い会社です。

マリンエンジンと車のエンジンの整備はどう違うのでしょうか。「エンジンは燃料を燃やし、熱を発します。そこは同じです。ただマリンエンジンは、その冷却に海水を使います。金属の中に海水を入れること、そして水の抵抗の中を進むわけですから、車のエンジン以上に整備が必要なのです」(水野社長)。

日本では海外のエンジンが数多く使われています。従って整備も、国産エンジンの対応だけでは不十分です。その点同社は、ボルボ、キャタピラーなど海外メーカーの代理店として、海外マリンエンジンの修理も得意としているのが強みです。

水野社長は当初、車の整備の仕事をしていましたが、成熟した車のマーケットで仕事をするより自分にしかできないことはないか、と考えました。そこで、マリンの仕事に特化することにしました。

実は父親もディーゼルエンジンの噴射ポンプの仕事をしており、その背中を見て育ったせいか、子どもの頃からエンジン自体が大好きだったとか。小学校の時、お年玉を貯めてラジコンのエンジンを買いましたが、それは動かすのではなく分解するためだった、と笑います。好きこそものの上手なれ。今では官庁の仕事も請け負うマリンエンジン整備の第一人者です。

技術の安売りをするな


ミズノマリンの水野茂社長(筆者撮影)

水野社長は、今日、自分があるのはお客様のお蔭、と言います。お客様あっての自分。よく言われる言葉ですが、水野さんの場合は体験から出た本音だと思います。

「駆け出しのころいただいた仕事のことで思い出があります。その依頼主さんは、どこにお願いしてもエンジンが直らず困っていました。でも私がやってみたら、たった1時間、しかも、1つの部品も替えることなく直りました。時間も手間もかからなかったので修理代は5000円です、と言うと、お客様から『どこに行っても直らなかったのに、こうやって直してもらった。技術の安売りはしてはいけない』と3万円いただきました。有難いお言葉でした。同時に、技術の持つ価値というものにも気付かせてもらいました」


救命艇シェルター内部(写真:ミズノマリン)

お客様はクルーザーのオーナーですから、仕事上の成功者が多く、その言葉には深い含蓄があります。今では考えられませんが、16時間働け、と言われたそうです。自分の時間は、残り8時間だけ。創業当時はそのくらいがむしゃらに働け、ということです。

もう1つ大事なこととして、人の集まるところに行け、とも言われました。水野社長、もともとはエンジニアなので、本当はそんな集まりは苦手です。でも無理して行くと、いろいろな人と知り合いになれます。お会いして得られる生の情報は貴重なものばかりでした。そして「小さな約束ほど守りなさい」とも教わりました。営業をしながら、お客様によって経営者として鍛えられたのです。

水野社長に、どのような思いをもって仕事に取り組んでいるのか、と聞いてみました。

「当然ですが、船の仕事は海の上です。動力であるエンジンの整備をすることで、船を安全に保つことが使命と思っています。最近では、官庁のお仕事もさせていただいているのですが、乗組員の皆さんは海の安全、ひいては国の安全を守っておられます。絶対に壊れてはいけない船なのです。私たちは、その壊れてはいけない船を守り抜く覚悟をもって仕事に当たります。そのために、予防として徹底的に整備します。修理屋でなく整備屋です。完全に整備した船は壊れるものではありません」

まさに技術に裏付けられた言葉でした。そしてその技術は海外にまで及んでいます。


救命ボートの整備も手掛けている(写真:ミズノマリン)

「遠方ではジブチという国(ジブチ共和国。アフリカ北東部にある共和制国家)まで行ったこともあります。飛行機で28時間かかりました。ソマリア沖の海賊騒ぎの最中(さなか)でしたが、日本の船を守るには日本の整備士がいい、ということでお声がけいただきました。わざわざ遠方から呼んでいただき、技術者冥利に尽きる思いでした」

マリンエンジンの整備に続き、11年前から大型船には欠かせない救命ボートの整備も手掛けています。いざ海難事故だという時、救命艇が使いものにならなかったりしたら大変です。整備を欠かさず、つねに予防をしておく。予防することで守れる命があります。

「一家に一台、救命艇シェルター!」の夢

プーケットでの津波騒ぎの経験から、水野社長は、大型船の救命ボートの技術を使って何かできないか、と考えました。そうした思いの結晶が、冒頭に述べた救命艇シェルターです。

「正直、乗り心地は快適とは言えません。でも、命は守ります」

水野社長は力強くそう言い切ります。25人乗りで、1週間はその中で生活が可能。エンジン付きで自走できるものもあるそうです。問題は800万〜900万という価格です。なかなか個人では手が出せません。

何とか家庭に普及させたいと、現在は、6人乗りの廉価版を計画中です。豊中市のチャレンジ補助金を受け、造船所で建造を急いでいます。不要なものをできるだけ削って、価格を100万円台に抑えたい考えです。でも、海中でひっくり返っても元の位置に戻り、FRP(繊維強化プラスチック)製で艇内に水が入っても沈まない。こうした、安全にかかわる基本構造は譲れません。来年2月に、横浜で開催される震災対策技術展に出展後、本格販売して、津波対策に貢献したい考えです。

人と同じことをしていては勝てない、とはよく言いますが、なかなかそれを実践するのは難しいと思います。でも水野社長は、皆のやっている車のエンジンではなく、船のエンジンの整備に目を付け、それをこつこつと積み上げてきました。自分たちの技術を活かせる現場があって、その技術を求める人たちがいる。エンジニアとしてかけがえのないお仕事に従事されていると思います。

なお同社の技術の結晶である救命艇シェルターは、2016年には「私の選んだ一品」に選ばれました。「私の選んだ一品」は、グッドデザイン賞応募作品の中から審査委員会1人1人がひとつだけ作品を選ぶというもの。選んでくれたのはタイのデザイナー(Eggarat Wongcharit氏)で、「シェルターボートは、命の価値を享受する作品だ。差し迫った死の恐怖に直面した時、命をつなぐようにデザインされている」と高く評価しました。

開発を決意したタイからのエールとして、水野社長は「大いに励まされた」と言います。“命をつなぐデザイン”の普及を目指し、今後ともぜひ頑張ってもらいたいと思います。