瑛太や小林聡美ら、坂元裕二脚本『anone』追加キャスト発表 主演・広瀬すずはベリーショートに

写真拡大

 2018年1月期の日本テレビ新水曜ドラマ『anone』の追加キャストが決定。あわせて主演を務める広瀬すずの役衣装が公開された。

参考:広瀬すず×坂元裕二、日テレドラマ『anone』来年1月放送へ 広瀬「楽しみで仕方がないです」

 本作は、『Mother』『Woman』に続く日本テレビ、坂元裕二オリジナル脚本のヒューマンドラマ。家族を失い社会からもはぐれ、生きる方法さえ見失ってしまった少女が、一人の老齢の女と出会い、人が生きる上で本当に大切なものを見つけていく模様を描く。主人公のネットカフェに住む少女・辻沢ハリカを広瀬すず、ハリカが出会う法律事務所の事務員・林田亜乃音を『Mother』『Woman』にも出演した田中裕子が演じる。

 このたび発表された追加キャストは瑛太、阿部サダヲ、小林聡美、火野正平の4名。瑛太は、物語の進展とともにその正体が明らかになる謎の男・中世古理市役に。カレーショップの店長・持本舵を阿部、持本と意気投合する謎の女・青羽るい子を小林、亜乃音が勤務する法律事務所の所長・花房万平を火野正平がそれぞれ演じる。

 また、ハリカ役の広瀬と、中世古役の瑛太よりコメントが寄せられた。

■広瀬すず(辻沢ハリカ役)コメント

●髪型について首が寒いですね(笑)。ショートにしてもどんなショートにするのか、前髪は長めに欲しいなど、今回は少し自分の意見を言わせていただきました。自分の前髪が目の上にある感じが落ち着く、小学校の頃の感覚がパッと思い出されてきて、世の中に対して一枚フィルターがかかっている感じがほしい、とお願いしました。

●共演者について本当にこの中にいて大丈夫か、というプレッシャーがあります。撮影が始まると、とても緊張すると思うのですが、先輩方の色々なものを観察したいですし、楽しみです!

●作品についてこの作品には、不意に涙が出るとか、唐突にズキューンと撃たれるもの、感じられるものがすごくたくさんあります。痛みとか、生きているからこそ見られるもの、感じられるものが、世代に関係なく生々しく描かれていますので、ぜひ皆さんに見てほしいです。

■瑛太(中世古理市役)コメント

坂元裕二さん作品3度目の挑戦で、自分が何処まで枠を超え飛んでいけるか想像するだけで心がぐらついています。水田監督、素敵なキャストの皆さんと、全身全霊で良い作品作りをしていきたいと思います。

(リアルサウンド編集部)