第10回日本タイトルだけ大賞 大賞作品は『ムー公式 実践・超日常英会話』

写真拡大

“ほぼ2017年”に出版された書籍から最も秀逸なタイトルを選ぶ第10回「日本タイトルだけ大賞」の選考会が12月3日に開催され、大賞受賞作が決定した。

第10回となる今回の大賞に選ばれたのは、『ムー公式 実践・超日常英会話』(宇佐和通ほか著、学研プラス刊)。
また、残念賞には『ちょびもれ女子のための「あ!」すっきり手帖』(関口由紀著、主婦の友社刊)が選ばれた。

今年は、237作のノミネート作品から実行委員の山田真哉さん、ヨシナガさん、上田渉さんの3人が本選に進む53作品を選定。当日のニコニコ生放送で、視聴者による投票によって大賞が決定した。

このほかにも、審査員それぞれのお気に入りのタイトルを選ぶ「個人賞」、最も残念なタイトルに贈られる「残念賞」も発表された。

タイトルの読み上げは昨年に引き続き、ゲスト審査員のでんぱ組.incの夢眠ねむさんが担当。さらに第10回ということで過去の秀逸なタイトルを振り返るなど、大いに盛り上がった。

(新刊JP編集部)

■第10回日本タイトルだけ大賞受賞作品一覧

大賞

『ムー公式 実践・超日常英会話』(宇佐和通ほか著、学研プラス刊)

個人賞

山田真哉賞『UFOとローマ法王、そして自然栽培』(高野誠鮮著、学研プラス刊)
ヨシナガ賞『既読スルーされた数だけ幸せになれる』(広中裕介著、KADOKAWA刊)
上田渉賞『概念』(さんかくやま著、KADOKAWA刊)
夢眠ねむ賞『鬱屈精神科医、お祓いを試みる』(春日武彦著、太田出版刊)
読書メーター賞『もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら』(神田桂一ほか著、宝島社刊)

残念賞

『ちょびもれ女子のための「あ!」すっきり手帖』(関口由紀著、主婦の友社刊)

【関連記事】

書評はどこまで信頼できるか? 読書家が教える本選びのポイント
2020年教育改革で変わる受験 「受かる子」の特徴は