発熱パックに水を注ぐだけで熱々の火鍋が食べられる「インスタント火鍋」が最近、中国の微信(Wechat)のソーシャル機能「モーメンツ」で大きな話題となっている。

写真拡大

発熱パックに水を注ぐだけで熱々の火鍋が食べられる「インスタント火鍋」が最近、中国の微信(Wechat)のソーシャル機能「モーメンツ」で大きな話題となっている。「簡単で、おいしく、いろんな具を食べられる」ため、火鍋好きの間では大きな人気を獲得している。しかし、発熱パックの安全性に関して、消費者からの注目が集まっている。インスタント火鍋の売れ行きはどうなのだろう?安全性に問題はないのだろうか?広州日報が伝えた。

ネットショップでは発熱パック付きのインスタント食品が大人気

広州市内にある複数のスーパーを取材すると、インスタント火鍋は新商品であるものの、あまりPRはされておらず、種類も少なかった。

しかし、ショッピングサイト・淘宝を見ると、「発熱パック」、「インスタント」などをキーワードとするインスタント火鍋が大人気になっていた。最も売れている商品トップ10を見ると、1カ月の販売数が5万個以上というものも多く、1位の「自熱麻辣小火鍋」は11万個となっている。

インスタント火鍋は安全?

筆者はインスタント火鍋を買って、開封後に中のタレや食材を上側の容器に入れ、水を注いだ。そして、加熱パックを取り出して容器の下側に入れ、パック全体が浸かるまで水を入れた。それから、上側の容器を下側の容器に入れ、ふたをすると約15分で熱々の火鍋ができた。ふたをして2分もしない間に、下側の容器の中から「ブクブク」という音が聞こえ始め、15分後には容器全体が膨らみ、熱いままだった。ふたを開けると、蒸気が上がった。食べている間も、火鍋はずっと熱々のままだった。

インスタント火鍋に安全性の問題はないのだろうか?発熱パック付きのインスタント食品は人気となっているが、加熱する時の隠れた危険性はあまり知られていない。加熱パックの主な原料は生石灰で、もしパックが破れてしまうと、水が急速に熱くなって容器が変形してしまう。また、中の空気が出る穴が塞がっていると、爆発する危険もある。そのため、広州消防局は「水を注ぐ前に、必ずパックが破れていないか、空気穴が塞がっていないかなどを確認するように」と注意を呼びかけている。

加熱パックを利用する食品は安全?

業界関係者は、加熱パックを使うインスタント火鍋・食品は、新しい時代のニーズに合わせた商品で、ごく一部の人がターゲットという見方を示す。中国食品産業のアナリスト・朱丹蓬氏は「各火鍋のブランドがインスタント火鍋を打ち出している。また、おやつブランドもそこに参戦しているが、限られた規模にすぎない。インスタント火鍋は、補充型、ユーモラス型、突飛型、周辺型の商品。その登場の仕方や食材、コストパフォーマンス、品質などを見ると、主流商品とはならないとみられる。従来の火鍋と比べると、他の人と一緒に楽しく食べる雰囲気はない。だから、補充という位置づけにすぎない」との見方を示した。

筆者が最近買ったあるインスタント火鍋にはソーセージ、卵、つみれ、レンコン、キクラゲ、タケノコなどの具材9種類、さらに麺が入っていた。火鍋のブランドは、最も一般的な肉系と野菜系を組み合わせた具のほか、ハチノス、牛の赤身肉、ホルモン、ソーセージなど、「珍味」ファンに合わせた商品も打ち出し、商品の細分化を行っている。

その点について、朱氏は「食品の安全管理が発熱パックを利用する食品の最大の課題。肉類の具が多すぎると、品質保証が難しい。しかし、野菜ばかりではコストパフォーマンスが下がってしまい、利益を出すのが難しくなる」と指摘した。業界関係者は、安全管理が難しく、利益もなかなか出ないのでれば、発展させるのは難しいと見ている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)