1打届かず… 平塚哲二は予選ラウンドで姿を消した(写真はカシオワールドオープン)(撮影:上山敬太)

写真拡大

来季の国内男子ツアー出場権をかけて争われている「ファイナルQT」は第4ラウンドが終了。この日“65”とスコアを7つ伸ばした木下稜介がトータル18アンダーの単独首位で決勝ラウンドにコマを進めている。
【関連】トップで予選を通過した木下
4打差2位タイに鍋谷太一、狩俣昇平、A・エバンスが、5打差5位にアンソニー・クエイルが続けている。
ツアー通算6勝のベテラン・近藤共弘は、カットライン上のトータル2アンダー74位タイで辛くも予選を通過した。一方で、ツアー2勝の横田真一、同6勝の平塚哲二ら実力者がトータル1アンダー91位タイと、決勝進出圏内に1打届かず涙を飲んでいる。
決勝ラウンドは4日(月)から2日間の日程で行われ、上位の選手から順に、来季のツアートーナメント、チャレンジトーナメントへの出場資格ランキングを獲得する。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

2017年日本男子ツアー・ファイナルQT 4日目成績
今年の賞金王が決定!日本男子ツアー賞金ランキング(最終)
国内女子ツアーファイナルQT 最終成績
近藤共弘、星野英正らがシード落ち、初シード獲得者は10名 平塚哲二は7258円差で涙
シード権争いの影で…46歳平塚哲二が追いかけるもの