松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

同組で珍事? ウッズの代名詞“赤×黒”ウェアを着用、本家も称賛「ナイスカラー」

 米男子ゴルフのヒーローワールドチャレンジ3日目は2日(日本時間3日)、松山英樹(レクサス)は復帰戦のタイガー・ウッズ(米国)と同組で回り、6バーディー、6ボギーの出入りの激しいゴルフでイーブンパーの「72」。ウッズの“勝負服”の赤シャツ&黒パンツでラウンドし、“本家”のスコア「75」を上回った。米メディアは「赤と黒でかましたマツヤマがウッズを撃破」と特集し、ウッズから「ナイスカラーだね」と突っ込まれたことを紹介している。

 レジェンドのお株を奪うかのような、いで立ちだった。赤いシャツに黒のパンツをまとった松山は強風に苦しみ、6ボギーを叩きながら、3連続を含む3バーディーを奪い、イーブンパーにまとめてみせた。赤×黒の組み合わせといえば、ウッズの“勝負服”として知られているが、この日は上下黒だった“本家”の「75」を上回って18ホールを終えた。

 米ゴルフ専門メディア「ゴルフ・ダイジェスト」は「赤と黒でかましたマツヤマがウッズを撃破」と見出しを打って特集し、松山のウェアに注目。「赤と黒を象徴とするタイガーとペアで並ぶことがわかった時、それは完璧なものとなった」と紹介している。

 当然、ウッズ本人も気になったようだ。ラウンド前に開口一番、「ナイスカラーだね」と褒めたといい、一方の会釈した松山も「もちろん、あなたは明日、この服でいくんでしょう?」と冗談を交えて返答したという。そして、大勢のギャラリーが注目する中でウッズを上回るスコアをマークしてみせた。

“かぶった”松山も前向き「もし、これで彼がハッピーになるなら、なんだってする」

 ラウンド後、松山は「この服を着てラウンドを回れたことは良かったと思っている。もし、彼がこれで少しでもハッピーな気持ちになってくれるなら、僕はなんだってするつもりですよ」と話したことを記事では伝えている。

 記事でも「この日、3オーバーの75と苦しんだウッズだが、松山のクローゼットはそんなウッズを少しだけ支えることになったのかもしれない」と記述。「今日のヒデキは、50バーディーに50ボギー、そして絶え間ないパーさ」とウッズは笑うと「僕には彼が打つようなバーディーを得ることができなかったね」と賛辞の言葉で締めくくったという。

 赤×黒でばっちりと決め、大注目の中でも堂々たるプレーで沸かせた松山。首位とは7打差の通算7アンダーで5位タイにつけている。最終日には、持ち前の「ヒデキ・チャージ」でさらなる上位進出を狙いたい。