J3降格の群馬が声明を発表「改めまして心よりお詫びを申し上げます」

写真拡大

▽ザスパクサツ群馬は3日、来シーズンの明治安田生命J3降格を受けて声明を発表した。

▽群馬は、同日行われたJ3の結果、降格が確定。今シーズンのJ2を最下位で終えていたものの、J3チームのライセンス等の関係で残留の希望を残していたが、昇格の条件を満たす栃木SCが2位でフィニッシュしたため、入れ替わりとなった。

▽群馬は『ザスパクサツ群馬を応援してくださる皆様へ』と題して、声明を公式サイト上に掲載。サポーターや全ての支援者に対して謝罪を述べると同時に、再昇格を誓った。

「本日、ザスパクサツ群馬は2018シーズン、J3リーグへの降格が決定しました。非常に悔しく、無念です。草津で産声を上げてから、15年間にわたり、ご支援、ご指導して頂いております全ての皆様にたいへん申し訳なく、改めまして心よりお詫びを申し上げます」

「今後、2018シーズンに向け、新監督と連携しながら、早期に新体制をスタートさせ、もっと闘える、もっと勝利にこだわるクラブ、チームを目指します」

「そして、県民の皆様に夢を与え、群馬の活性化に貢献するため、原点に立ち返って出直し、必ずJ2のステージに戻って参ります。そのためには、皆様のお力が不可欠です。よりいっそうのご支援と熱い応援をお願い申し上げます」