最近、内面重視の恋愛をサポートする婚活サービスが急増中。顔の一部を隠す「マスクdeお見合い」や顔が見えない「暗闇コン」などが、度々メディアで取り上げられています。

そのなかでカップル成立率の高さで有名なのが、史上最強の占い師芸人・ゲッターズ飯田さんによる仮面合コン。

これは外見やステイタスではなく相性で選ぶため、その後すぐに結婚するカップルも多いという驚異の合コン。過去に『ノンストップ!』で紹介されたので、気になっている女性は多いはず。

本当にこの仮面合コンで彼氏はできるのか?行くことになったら、どうすればいいのか?噂の真相と一緒に、実体験を元にしたアドバイスをお伝えしたいと思います。

事前アンケートに書く内容はじっくり吟味すべし!

実は、筆者は過去の仮面合コンの参加経験者。そのときの参加者は男女各20人ずつの合計40人だったのですが、なんと10組以上のカップルが成立。つまり、2人に1人はパートナーが見つかるコンパだったのです。

参加費は7000円(ワンドリンク付き)。応募時は、氏名・住所・生年月日・性別だけでなく、「似ているといわれたことのある有名人」、「出身地」、「今年一番高い買い物」、「職業」、「好きなお笑い芸人」、「LINEを使っているか?」、「占い合コンに参加したことがあるか?」が必須でした。

この回答が意外と重要!当日の会話のきっかけになるのです。限られた時間のなかでアピールするので、その場で考えるより事前に考えておいた方がスムーズ。「出身地を言うときはこの話をしよう」と心の準備をしておくといいと思います。

仮面合コンの当選者は、相当のラッキーガールです。そのときの40人は、応募数500人以上のなかから占いで選ばれました。運がいい人しか参加できないので、日頃から運を鍛えておくことが大事かもしれません。

当日の会場は、ゲッターズ飯田さんの週刊プレイボーイ「占い放浪記」連載にちなんで、新宿歌舞伎町にある週プレ酒場。

WaMall 歌舞伎町というビルの5Fにあります。

場所はTOHOシネマズ 新宿のすぐ近くだったのですが、仮面に名前を書いたりドリンクを頼んだりする必要があります。そのため、開始時間の10分前には会場に入っておいた方がいいです。

仮面合コンが始まったら運命の人に話しかけるべし

場内はA〜Gまで8つのテーブルに分けられており、ひとつのテーブルに仮面をつけた男女5〜6人が着席。仮面をつけていると、ほとんど素顔はわかりません。服装と髪型が重視されがちになるので、いつもより念入りにヘアケアしてほしいです。会場のトイレが混んでいるので、直前にセットの時間はとれません。ぜひ到着前にチェックしておいてください。

開始時間になると、ゲッターズ飯田さんとおくまんさんが壇上に登場。なんと、参加者が相性のいい人と出会えるように、すでに全員の占いを用意してくれていました。

あのゲッターズ飯田さんが目の前に!

前回の仮面合コンでは2組のカップルが結婚したとのこと。通算では40組以上も結婚しているそうです。占いが相性のいい人を教えてくれるので、自分で赤い糸を見つけるよりもずっと効率的。

全員コンパが開始してすぐ運命の人が書かれた紙をもらえるので、その人を探して話しかけるだけでOK。もちろんその人に好感を抱かれないといけないのですが、普通の合コンや婚活イベントよりはるかに関係が進展しやすいところがうれしいところ。しかも筆者は運命の人が8人いると紙に書かれていたため、1人しか書かれていない女性よりチャンスが多くて楽しめました。

自己紹介では、事前アンケートにあった「似ているといわれたことのある有名人」「今年一番高い買い物」「好きなお笑い芸人」のほかに、フェチやおすすめのお店、初デートで行きたい場所などを話す機会も。

ここで話のきっかけができやすく、初対面でも盛り上がります。婚活イベントとの決定的な違いは、場を盛り上げるのが得意な男性が多いところだと思いました。こちらがヨイショしてあげなくても楽しもうとしてくれる雰囲気なので、そんなに自分から頑張らなくても大丈夫です。

気になる男性がいたら忘れないように行動すべし!

仮面合コンでは、次のテーブルに移動する前に、LINEのIDを交換する機会もあります。そのため、運命の人と話ができなくても大丈夫。コンパが終わったから、LINEグループでやりとりできます。

LINE交換時もめちゃくちゃ盛り上がりました!

ただ、当日は盛り上げ役が多かったのは事実ですが、全員が感じのいい男性というわけではないので注意が必要です。

「楽しかった」と思ったら10円の表を出す、「最悪だった」と思ったら裏を出す、というゲームをするのですが、メンバー7人中4人が「最悪だった」と思っていることがわかったグループもありました。

女性陣3人はこれまでずっと「楽しかった」しか出していないので、男性陣4人が「最悪だった」を出したことは明白。それで、LINEのID交換タイムになってもスマホを出そうとせず、気まずい空気を残して移動したことも……。

頑張って盛り上げようとしてもこういった結果になることもあるので、無理して全員と仲良くなろうとしなくていいと思います。

やっぱり合コンなので、男性は興味のある女性とそうでない女性で態度を変えがち。フリートークが始まったのにスマホをずっといじっている、自己紹介以外の話をしようとしない男性もいました。あからさまに「お前らに興味ねーよ」という感じ。

後日、その男性に連絡をしてみたのですが、やはり適当でぶっきらぼうでした。滅多にここまでの男性はいないとは思いますが、同じテーブルになったら、気にせず次のテーブルに期待しましょう!

あと、大事なのは気になる男性の顔と名前とIDを覚えておくこと。

40人もいると、誰が誰だかわからなくなってきます。そして後半になればなるほど疲れてきて、適当になりがち。前半で気になる人を見つけてすぐ名前を覚えて、LINEのIDをゲットしておく方がいいと思います。もしくは、印象に残るようにアプローチすること。

翌日LINEが届いても「誰?」となりがち。その場が盛り上がったら、LINEグループをつくったときにすぐ「●●番の●●です。さっきは楽しかったです!」と送ることがベスト!早めの行動が大事です。

まとめ

初めて仮面合コンを体験したときは、本当にあっという間に時間がすぎて何が何やらという感じになりがち。マスクで顔を隠すものの他の部分はキレイにしておくこと、自己紹介で話すこと、好みのタイプがいたら顔と名前とIDを忘れないようにメモしておくこと。相性のいい男性とカップルになりたいなら、ぜひ意識しておいてください。

ここまでは感想やアドバイスを中心にお伝えしました。後編は、「なぜ仮面合コンで大勢のカップルが誕生するのか?」をレポート。最大の疑問を週刊プレイボーイ編集部にぶつけてみました。〜後編〜に続きます。

【取材協力】
※週刊プレイボーイ「ゲッターズ飯田の占い放浪記」 http://wpb.shueisha.co.jp/