知的障害を理由に不妊手術を強制 宮城県内の60代女性が国を初提訴へ

ざっくり言うと

  • 知的障害を理由に不妊手術を強制された宮城県内の60代女性が、国を提訴する
  • 10代で不妊手術を受けており、不妊手術の強制をめぐる国家賠償訴訟は全国初
  • 女性は同意した記憶がなく県に請求した資料からも強制手術だったとみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング