資料写真

写真拡大 (全2枚)

(台北 3日 中央社)中央気象局によれば、3日の台湾は、北東から吹く季節風が弱まり、各地で気温が上昇する。北部では気温が22〜24度、それ以外の地域では26〜29度まで上がる見込み。4日以降は季節風が再び強まるとともに、冷たい空気が流れ込み、各地で気温が低下する。5日夜から6日早朝にかけて、最も冷え込むとみられており、中部以北は最低気温が15〜16度まで下がる予想。気象局は気温の変化が大きくなるとして注意を呼び掛けている。

3日は、北東部の海沿いの地域以外では天気が回復する。中部や南部では晴れ間がのぞき、北部も雨足が弱まる見込み。4日から7日にかけて、季節風が強まる影響で北部や北東部では雨が降る。中南部では曇りや晴れとなる。

気象局によれば、6日の昼間から7日にかけて気温は少し上昇するとみられるが、8日から9日にかけて再び冷たい空気が流入。各地で気温がさらに低下すると予想されている。

(陳葦庭/編集:楊千慧)