タイガー・ウッズ【写真:Getty Images】

写真拡大

“乱高下”イーブンパーに同組ウッズがジョーク「今日のヒデキは50バーディー、50ボギー」

 米男子ゴルフのヒーローワールドチャレンジ3日目は2日(日本時間3日)、松山英樹(レクサス)は復帰戦のタイガー・ウッズ(米国)と同組で回り、6バーディー、6ボギーの出入りの激しいゴルフでイーブンパーの「72」。3オーバーの「75」でスコアを落としたウッズは「今日のヒデキは、50バーディーに50ボギー」を飛ばしながら「僕には彼が打つようなバーディーを得ることができなかった」と賛辞を送ったという。米専門誌「ゴルフ・チャンネル」が報じている。

 強い風が吹いていた一日。まるでジェットコースターのような18ホールでも、らしさは見せた。

 松山は3番から3連続ボギーの後に連続バーディー。2つのボギーを挟んだ13番からは3連続バーディー。直後にボギー、バーディーと続けたが、終わってみれば大崩れすることなく、イーブンパーでまとめた。

 この日、一緒にラウンドしたのがウッズだった。今大会から戦線に復帰し、大注目のレジェンドは松山同様にボギーが先行し、10番までに5つスコアを落としたが、後半の巻き返しは2バーディーにとどまり、この日は3オーバーとなった。

 記事によると、ウッズは松山との18ホールを振り返って、こう笑ったという。

松山の粘りをウッズも称賛「僕には彼が打つようなバーディーを得られなかった」

「今日のヒデキは50バーディーに50ボギー、そして絶え間ないパーさ」。繰り広げられたバーディー&ボギーのラッシュをユーモアたっぷりにほほ笑み、一方で粋な賛辞の言葉も送ったという。

「僕には彼が打つようなバーディーを得ることができなかったね」。リズムを取り戻せなかった自身を振り返りながら、イーブンパーまできっちりと戻した松山のプレーを称賛していた。

 前回王者として挑んでいる松山は首位チャーリー・ホフマン(米国)と7打差の通算7アンダーで5位タイ、ウッズは4アンダーで10打差の10位タイ。それでも、松山もウッズも「サンデー・チャージ」はファンなら誰もが知るところ。

 最終日の逆襲なるか。2人の巻き返しに期待したい。