オランダ3部で生まれた“オーバーヘッド連鎖弾”が話題に【写真:Getty Images】

写真拡大

パス、シュート、そして…オランダ3部で“オーバーヘッド連鎖弾”が誕生で話題

 海外サッカーで、オーバーヘッドアシストからオーバーヘッドゴールというミラクル弾が炸裂。思わず二度見したくなるような仰天の決定的瞬間を、現地メディアが動画付きで紹介すると、映像を観たファンから「どれをとってもワールドクラスだ」と驚嘆が広がっている。

 2人が連鎖するようにピッチに背を向け、豪快に足を振り上げた。オーバーヘッドからオーバーヘッドへ。仰天のゴールを決めたのは、オランダリーグ3部エクセシオールDFセファ・クルトだ。

 2日(日本時間3日)に行われたリーンデン戦。3-0で迎えた後半29分、右CKのチャンスの場面だった。蹴り込まれたニアサイドのボールは相手にクリアされた。これをエリア外の味方が拾ったが、相手と混戦に。しかし、浮いたボールに対し、ゴールに背を向けながら懸命にくらいつくと、ピッチに背中から倒れ込みながら、オーバーヘッドで前線へ浮き球を送った。

 これに反応したのが、セファ・クルトだ。ゴール前から戻りながらエリア境界線で胸トラップ。次の瞬間だった。相手のチェックをものともせず、右足で踏み切って跳び、宙に舞ったボールを左足で真後ろに向かって豪快に振り抜いた。強烈なシュートは懸命に反応し、飛びついた相手GKも届かない見事なバイシクルシュート。そして、ゴール左隅に突き刺さった。

海外ファン騒然「オーバーヘッドアシストからオーバーヘッドゴールだ」

 吐く息も白いスタジアムは一気に熱狂に包まれ、実況も絶叫。起き上がってゴールを確かめたセファ・クルトはすぐに駆け出して感情を爆発させ、チームメートに祝福された。

 仰天の“オーバーヘッド連鎖”から生まれたゴールシーンをFOXスポーツオランダ版は公式インスタグラムで動画付きで紹介すると、コメント欄ではファンから「オーバーヘッドアシストからオーバーヘッドゴールだ」「どれをとってもワールドクラスだ」と驚嘆が広がっていた。

 映像を観ると、1人目のオーバーヘッドはやや崩れながらで微妙なところだが、それでも懸命に前線へつなごうという必死さが見て取れ、セファ・クルトは20メートル近い位置からオーバーヘッドのお手本ともいうべき鮮やかさで炸裂させている。Jリーグ、日本代表でもなかなかお目にかかれないファインゴールとなった。

さらに、オランダ3部公式ツイッターは「名はセファ・クルトだ!エクセシオールの名を轟かせるゴールだ」、エクセシオール公式フェイスブックは「議論の余地はない。ディフェンダーのセファ・クルト…なんてファンタスティックなゴールなんだ!」と絶賛を呼んでいた。

 世界的には無名な選手だが、セファ・クルトの名は鮮やかな“オーバーヘッド連鎖弾”の映像とともに脚光を浴びそうだ。