スター・ウォーズ「将棋駒」、王将は?

写真拡大

 将棋駒の生産地として知られる山形県天童市で、人気SF映画『スター・ウォーズ』のキャラクターが彫られた駒が登場した。新作『最後のジェダイ』が15日に公開されるのを前に、職人の高橋稚山さん(60)が約1カ月かけて制作。高さは8センチ―10センチメートルで、王将にはレイア姫と悪の帝王、スノークを採用した。高橋さんは「デザインが細かく、人の表情を彫るのが難しかった。世界的な作品に関わることができてうれしい」と話した。