「100%チョコレートカフェ」の56種類のチョコレート

写真拡大

 明治が、「100%チョコレートカフェ(100%ChocolateCafe.)」京橋本店を12月26日20時までの営業をもって閉店する。また、同カフェで展開していた商品の製造も終了する。
 2004年12月にオープンした100%チョコレートカフェでは、「56種類のチョコレート」をはじめとする各産地のカカオ豆を使用したチョコレートやさまざまな素材との組み合わせ、他の食品とのマリアージュなどの紹介を通して、チョコレートの美味しさと愉しさを発信。過去には東京スカイツリータウン・ソラマチにも店舗を出店していた。
 同社は「チョコレート文化の普及や知見の獲得に一定の成果を上げた」という理由から100%チョコレートカフェの営業終了を決定。同カフェの展開を通じて得られた知見は、売り上げが好調に推移しているビーントゥバーをコンセプトにした「明治ザ・チョコレート」につながっていると捉えており、今後もさまざまな形でチョコレートの魅力の発信と、チョコレート文化を創造する活動に取り組んでいくという。