女性に受け入れてもらいやすい「オタク男子」9パターン

写真拡大

最近は、「オタク」を「ひとつのことに熱中している人」だとイメージする人が増え、「彼氏がオタクでも気にしない」という女性が少なくないようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者からの意見を参考に「女性に受け入れてもらいやすい『オタク男子』9パターン」をご紹介します。

【1】いろんな場所に連れて行ってくれそうな「鉄道オタク」
「ふたりで鈍行列車の旅をしたい」(20代女性)、「旅行の移動時間も楽しめそう」(20代女性)など、一味違う列車旅行を期待する女性が多いようです。専門知識を活かして、複雑な乗り換えを見事に組み合わせた旅を計画し、女性に頼もしい一面を見せてみてはいかがでしょうか。

【2】一緒に白熱できそうな「ゲームオタク」
「見てるだけでも楽しいし、一緒にやっても盛り上がれそう」(10代女性)など、「ゲームだったらオタクじゃない自分も夢中になれる」という意見です。女性が尻込みしていても、楽しさを伝えて誘ってみてはいかがでしょうか。攻略法などを教えていくうちにハマってくれるかもしれません。

【3】ふたりでライブに行きたい「ロックオタク」
「普段行かないようなライブに連れて行ってほしい」(20代女性)というように、新たな音楽の世界に触れるきっかけになるという意見です。「ギターとか、楽器ができるとさらに胸キュンするかも!」(10代女性)という女性もいるので、密かに演奏の腕を磨いておくといいかもしれません。

【4】ドライブデートを期待できそうな「車オタク」
「オタクといっても、『引きこもり』とは対極のイメージ」(20代女性)というように、「アクティブで男らしい」人物像を期待する女性は多いようです。「ドライブデートが楽しみ!」という意見もあったので、まずは綿密にコースを計画してから、こだわりの愛車に女性を招いてみてはいかがでしょうか。

【5】男の子なら好きなのは理解できる「ロボットアニメオタク」
「男のロマンって感じ」(10代女性)というように、女子には魅力がわかりにくいものの、男性がハイテクなロボットに惹かれる心情には、理解を示す場合が多いようです。「美少女フィギュアが並んでいるのはイヤだけど、ガンダムとかならいい」(20代女性)という意見もありました。

【6】自分をかわいく撮ってくれそうな「カメラオタク」
「プロのカメラマン並みの技術を持ってそう」(30代女性)など、「実用的でいい」という意見です。「将来、子どもの写真もステキに撮ってくれそう」(20代女性)と妄想する女性も多くいたので、デートで彼女を撮ってみたり、撮った作品を見せてみるのもいいかもしれません。

【7】おもしろい作品を教えてくれそうな「映画オタク」
「未知の映画に出会えそう」(20代女性)というように、男性の映画の知識によって、自分の守備範囲が広がることを期待する意見です。「感想を語り合うと、お互いの価値観がわかる」(20代女性)と、鑑賞後の会話も女性には重視されているようです。

【8】知的なトークを楽しめそうな「歴史オタク」
「自分が知らないことまで知っていると感心する」(20代女性)など、教養の深さに一目置くという意見です。歴史物の映画やドラマなどについて、史実に基づいてわかりやすく解説すると、尊敬されるかもしれません。

【9】買い物するとき的確なアドバイスをくれそうな「家電オタク」
「何か買いたいときに、すぐに教えてくれそう」(30代女性)というように、生活で役に立つ知識が豊富なら、むしろ「オタク」なぐらいが大歓迎だという意見です。新しい家電の購入を考えている女性の買い物につき合ったり、アドバイスをすると喜ばれるでしょう。

ほかにも、女性に「このジャンルのオタクなら受け入れられる」と言われたことがあれば、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(宮平なつき)