気づいたときには足の血管がコブになっている下肢静脈瘤。血管がぼこぼこと浮き出たその見た目は、いかにも長期的な治療や大掛かりな手術を要するかのように見えますが、意外なことに日帰りで治療が可能なのです。もし気になっていたら手術も選択肢の一つになりますのでこちらの記事を参考にしてみてください。

下肢静脈瘤はどのような病気?

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)とは下肢(足)の血管がコブ(瘤)のようにふくらむ、血管の病気です。こ血のかたまりが転移して脳梗塞や心筋梗塞をおこす、エコノミー症候群になる、血管のコブが破裂する、足の切断が必要になる、と噂されることがありますが、下肢静脈瘤が原因でそのような事態になることはなく、急に悪化して命をおびやかすような重い病気でもありません。とはいえ足がむくんだり、だるくなったり、見た目の悪さなど、生活の質を低下させる原因とはなります。そのためどちらにせよ早期に専門の病院を受診することが推奨されているのです。発症の原因に関しては、下肢静脈瘤の原因を参照してください。

下肢静脈瘤はどんな人に多い?

下肢静脈瘤は10人に1人が発症するとも言われているので、決して珍しい病気ではなく、あなたや身近な人が発症しても何らおかしくない病気なのです。年代別に見ると、15歳以上の男女の43%、そして30歳以上の男女の62%に静脈瘤が発見されたというデータもあります。特に40歳以上の女性に多く発症が認められ、出産経験のある女性の2人に1人は発症するものだとされています。ちなみに遺伝性もあるようで、両親とも下肢静脈瘤である場合、その子供は90%の確立で発症してしまうようです。

日帰り治療で負担も比較的小さいレーザー治療

下肢静脈瘤の治療法としては、静脈瘤に注射をして固める硬化療法・ターゲットとなる血管を引き抜くストリッピング手術・焼いてふさぐレーザー治療が主な3種類となっています。いずれも入院は不要ですが、現在主流となっているのはレーザー治療です。レーザー治療の治療時間はおよそ30分、傷跡もほとんど目立たない上、保険適用で治療が可能になります。以前まで主流だったストリッピング手術よりも術後の痛みは少なく、出血も少ないのが特徴です。つまり下肢静脈瘤は、日帰りどころか、ごく数十分程度で治療ができる病気であるということです。現在下肢静脈瘤のような症状が出ている方は、足に何か深刻な病気を患ってしまったのかと心配であるかもしれませんが、臆することなく一度専門の医院のドアを叩いてみてはいかがでしょうか。


writer:サプリ編集部