創作の野球落語を披露するほどのスポーツ好きで知られるヨネスケ/(C)TBS

写真拡大

TBS系で放送中の日曜劇場「陸王」(毎週日曜夜9:00-9:54)に、落語家でタレントのヨネスケが木工店の社長・奥羽役で出演することが分かった。ヨネスケが演じるのは、業績不振の小さな木工店「奥羽木工」の社長。銀行の融資を受けていたが、過剰な設備投資によって損失が膨らみ、会社を畳むかどうかの決断を迫られるという役どころだ。

【写真を見る】「陸王」名場面を振り返る

ヨネスケは、1967年に落語家・桂米丸の初の直弟子として入門し、1981年に真打に昇進。一般家庭に大きな“しゃもじ”を持って訪問する情報番組内のコーナー「突撃!隣の晩ごはん」(日本テレビ系)でも知られる。ヨネスケがTBSドラマに出演するのは、1989年のドラマチック22「田舎のポリス物語」以来、28年ぶり。

■ ヨネスケのコメント

高視聴率のドラマに出演できまして、まだ興奮しております。普段、皆さんのお宅をアポなしで突撃していますが、まさか畑の違うドラマからいきなり突撃出演依頼を受けるだなんて!

落語と違ってドラマは難しいですね! 落語は基本一人で自由にできるけど、ドラマは相手役がいますもんねー。共演させていただいた(銀行員・坂本太郎役の)風間(俊介)さんは、若いのに佇まいが自然で良かった。風間さんの事務所のある先輩と仲がいいので、空き時間にいろんな話で盛り上がりました。

いざ本番、リラックスムードが一転。ドラマの舞台に突撃! どうなったかは本編を見てのお楽しみ。わずかな出演シーンとなっておりますが、重要な役なので、ぜひ見てください。

■ 第7話あらすじ

“裸足感覚”を追求したランニングシューズ“陸王”の材料を供給していたタチバナラッセルとの取引が白紙になり、お先真っ暗となった老舗足袋業者「こはぜ屋」。4代目社長・宮沢紘一(役所広司)は、新たな供給先を探さないと“陸王”の生産がストップしてしまうと危機感を募らせていた。

替わりのアッパー素材を探すため、宮沢や息子の大地(山崎賢人)ら、「こはぜ屋」のメンバーは奮闘するが、やっと話を聞いてもらえる企業を見つけても、コストが見合わないと断られてしまう。

そんな中、追い打ちを掛けるように“陸王”を作るための心臓部ともいえる機械が故障し、修理に1億円かかるという事態に。「こはぜ屋」はピンチを乗り越え、“陸王”の完成に向けて再び走り出せるのか?(ザテレビジョン)