好位置で最終日を迎える稲森(撮影:鈴木祥)

写真拡大

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 3日目◇2日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>
初優勝が狙える位置で最終日を迎える。2位タイから出た稲森佑貴は4バーディ・2ボギーの“68”でラウンド。スコアを2つ伸ばしトータル5アンダーでフィニッシュ、4位タイと順位は落としたが2打差と圏内には踏みとどまった。
2日目に18番でチップインバーディ!
稲森は前半はスコアを伸ばせなかったが、15番(パー3)で5メートルのバーディパットを沈めたのを皮切りに16番(パー4)、17番(パー5)と3連続バーディを奪取。最終18番(パー3)はボギーとしたが、この終盤の追い上げが光り初優勝のチャンスを残した。
もし勝てば23歳62日で羽川豊が1981年にマークした23歳363日の最年少優勝記録を更新する。「このポジションに立てたので。このコースは順位よりもコースの攻略に専念したほうが良いと思う。そのほうがおのずとスコアも伸びるのではと。勝つことは目標ですが、明日は明日のプレーに集中したい」。グリーンが難しい東京よみうりCC、明日は入念にマネージメントを考えて臨む。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

宮里優作 パッティング修正成功で逆転賞金王の“スタートライン”に立つ
小平智、タナボタ賞金王は御免!?「優勝して獲るのが一番いい形」
求道者・久保谷健一“65”でもボヤキ止まらず「未だにゴルフが分からない」
初Vへの吉兆!? 稲森佑貴が難関18番でチップインバーディ
稲森佑貴、最終戦でドライバーを“10”に!2つのパー5でバーディ奪取