仏エマニュエル・マクロン大統領を政界に導いた人物でもあるジャック・アタリ(写真:Abaca/アフロ)

『2030年 ジャック・アタリの未来予測』には、こんな記述がある。

北朝鮮は2020年までに100発の核兵器を保有し、アラスカまで到達可能なミサイルに搭載できる小型の水爆も開発する。そうなれば、アメリカに対して、本格的な核攻撃を開始するかもしれない。

また、北朝鮮が日本に対し核を使用したり、韓国を占領したりした場合はアメリカが参戦し、これを契機に世界大戦が勃発するというシナリオも書かれている。

ネットを駆使して情報を収集

現在の世界情勢をみると、アタリ氏の一連の分析は、実に的を射ていると言わざるをえない。しかも、日本で本書が出版されたのは今年の8月だが、原書が世に出たのは2016年10月。つまり、彼は1年以上前にはるか離れたヨーロッパの地から、朝鮮半島がこうなるであろうということを予測していたのである。なんという慧眼。さすがはフランスの知の第一人者だ。

でも、彼はどうして未来を見通せるのだろうか。そのための何か特別な訓練でも受けてきたのだろうか。

何ということはないのである。要するに彼が行ったのは、ネットを駆使して集められるだけの情報を集め、それを至極まっとうに解釈し、本という形にしてまとめただけなのだ。事実、原書のタイトル『Vivement après-demain!』は、直訳すれば『来るべき明後日』であって、「未来予測」というニュアンスは含まれていない。

ただ、その現状認識はきわめて正確で、そこから論理的に導き出された将来像にも説得力があるので、今後の世界を読み解くのに大いに役立つというわけだ。日本でこの本がヒットしているのも、これはプレゼンテーションのネタ本として使えると、意識の高いビジネスパーソンがこぞって買い求めたからだろう。

一方で、気候変動、保護主義の台頭、富の集中と不均衡の増幅など、人類を破局に導く要因を、エビデンスを挙げて指摘しておきながら、それを回避して明るい未来を手に入れるためにはどうしたらいいかという話になると、途端に「利他的に行動せよ」「あらゆる手段を動員して世界を救うために行動することが大事」など、どこか現実感に欠ける理想主義的な主張になってしまっている感は否めない。

読者にしてみれば、そんなことより私たちが具体的に何をすればいいのか教えてほしいといいたいかもしれないが、それは期待するほうが間違っている。

なぜなら、もともと彼は、現場で汗を流して働いている人たちに読んでほしいとこの本を書いたのではないからだ。アタリ氏が読者として想定しているのは、自分と同じエリート層だけである。

イギリスほどではないにしても、フランスも完全な階級社会だといってよく、ひと握りの知識層と大多数を占める労働者層の間には、越えがたい壁が存在する。おそらく彼には、労働者階級の友人などひとりもいない。もしかすると、これまでの人生で、まともに会話を交わした経験すらないかもしれない。彼の国のエリートというのは、そういう人たちなのである。

社会における役割も違う。国の行く末を決めるのはエリートで、労働者はそういった面倒なことにはかかわらず、毎日の暮らしのことだけ考えていればいいというコンセンサスが出来上がっている。

だから、アタリ氏は当然のように、エリートに対しメッセージを発し、彼らの議論を誘発するのが自分の役目だと思っている。そのため、どうしても主張が観念的になってしまいがちなのである。

2014年に日本で出版された彼の著作『危機とサバイバル』(作品社)では、個人、企業、国家への提言として7つの原則が記されているが、それらもやはりどこか浮世離れしているといえなくもない。たとえば、「根源を揺るがすような危機においてはすべてのルールをひっくり返す革命的な思考力をもて」とある。でも、普通の人がそんなことを言われたって土台無理なのだ。それができないから労働者の地位から抜け出せず、日々あくせく働いているのではないか。

日本でいえばジャック・アタリの本は、東大教授の論文のようなものだ。地方のマイルドヤンキーが読むかもしれないと思って書くはずもなく、マイルドヤンキーのほうも、そんなものを読みたいという気持ちをはなから持っていないのだ。

新しいものが古いものを駆逐するのは世の常

実をいうと、アタリ氏の本など読まなくても近年のテクノロジーの進化をみていれば、人類の未来はいまよりもよくなるという予想はつく。少なくとも私は、未来に関してはかなり楽観的だ。

なかには「AIが人間の能力を超えたら、やがて人間が機械に支配されるようになる」「iPS細胞は他の細胞のガン化を促進する」など、ネガティブな側面にばかり注目して技術が進むのを否定しようとする人もいるかもしれないが、どんなに否定しようがテクノロジーの進化は一方通行で、決して後戻りすることはない。新しいものが古いものを駆逐するのは世の常なのである。

ワープロが誕生したとき、こんなものでいい作品が書けるかと多くの作家がそれに背を向けたが、21世紀のいまでは、原稿は手書きでないとダメだなどという人はいない。仮にまだ生息していたとしても、どこの出版社からも相手にされないだろう。

パソコンが普及してきた頃もそうだった。そもそもファイルやディレクトリといったカタカナ用語が日本人向きではないからはやるはずがないと、多くの識者と呼ばれる人が堂々と主張し、いくつかの大手メディアもそれを支持する特集を組んだ。人々はより便利なものを求めるという歴史的な事実を、彼らはまるでわかっていなかったのである。

いつの時代も年寄りは、新しいものが出てくるのを嫌う。人生の残り時間の少ない彼らは、いまさら苦労して変化に対応するより、昨日と同じ日々が明日も明後日も続いてくれたほうがいいと思っている。だが、未来の持ち時間がたっぷりある若者はそうではない。彼らが目指すところはいまよりもっと豊かな未来であって、現状維持ではないのだ。だから、技術の進化は大歓迎なのである。

そして、世の中を動かすのはいつだってそんな若者たちなのだ。

いったん暴走し始めると歯止めが利かなくなるリスク


もちろん、テクノロジーの発達には危険な側面もある。

無秩序にAI開発を続ければ、AIが自己増殖を始め人間がそれらを制御できなくなって、映画『ターミネーター』のようなことが起こる可能性はまったくゼロではない。行きすぎた遺伝子操作が生命倫理を損ねることも考えられる。

そういうことが起こらないよう、これまでは西欧先進国がきちんと監視の目を光らせてきた。ところが、最近は中国、ロシア、中東、北朝鮮といった国も、最先端技術を手に入れたり、自ら開発したりできるようになってきている。そういう国は西欧諸国とは異なるルールで動いているので、いったん暴走し始めると歯止めが利かなくなるかもしれない。

彼らにどうやって利他の精神や、世界を救うことを第一に考えさせればいいのか、ジャック・アタリにぜひ聞いてみたいところだ。

(構成:山口雅之)