11月28日放送の『にけつッ!!』(読売テレビ)にて、ケンドーコバヤシが、有名クリエイターを取材した際のエピソードを語っていた。

 ケンコバが話を聞いたのは、マンガ北斗の拳』『サンクチュアリ』などの原作を務める、武論尊。ヒット作を生む秘訣を教えてもらったという。

「一切、先を考えないこと。『このストーリーを、こうしていったらおもしろい』と思いついたら、それを消す、と」

 どういう理由なのだろうか。

「漫画ファンって、昔から熱い人が多くて、いろいろ語り合うんです。『こうなっていくはずだ』『このキャラはこう変わっていく』と語られて。いまではネットでその議論が行われて。

 その通りにいったら、『ほら見たことか』と言われる。その通りいかなかったら、『なんだよ、そっちいったのかよ』とか言われるから。思いついたもの、一切捨てるんですって。

 毎週、その作業の時間に、うわっどうしようってなって……無理やりひねり出したら、ヒットが出る。追い詰めるんです」

 毎回ひねりだすわりには「話がよく出来ている」というケンコバ。

「『北斗の拳』なんて、(主人公・ケンシロウ)の胸に7つのキズあるでしょ。あれ、なんでついたかって、最初、飾りで付けたんですって。カッコイイやろ、北斗七星があったらって。

 悩んでるときに、理由づけを思いついたんですって。昔、ケンシロウが拷問されて、一個ずつ傷つけられて。ぜんぜん『参った』と言わないから、『なんで言うこと聞かへんねん!』って、最後、3本でガッとやられたんが、7つになった、みたいな」

 過去には、主人公の恋人までも即興で考えられたものだと明かし、自身を天才的な嘘つきと称し、「当時はよく先の展開がわからないと言われたけど当然だよね。だって作者がわかってないもの」と語っていた武論尊。

 重圧から精神的に追い込まれ、自律神経失調症になってしまったこともあるというが、そのときどきにひねり出すことでダイナミズムが生まれ、数々の名作を生み出し続けられるのだろう。