獺祭の味に惹かれ、言葉そのものの由来「獺が捕らえた魚を並べる様子が祭りのように見えること」にちなんで店名を付けた。その名の通り、メニューには伊東や小田原など地物の魚を中心とした創作料理と銘酒がズラリ。もちろん酒の看板銘柄は獺祭だ。旬鮮炭火焼 獺祭 (だっさい)[交]JR線ほか藤沢駅南口から徒歩4分

旬鮮炭火焼 獺祭(最寄駅:藤沢駅)

もちろん酒の看板銘柄は獺祭だ。約15種類を揃え、良心的な価格で提供している。店主が一杯目にすすめるのは「磨き二割三分」。まずは雑味のないクリアさを味わってほしいという。

お刺身盛り合わせ

仕入れで内容は変わる。この日は金目鯛など約7種類

手羽先の唐揚げ

「手羽先の唐揚げ」(1本195円)には軽やかなスパークリングで―と、料理との組み合わせを思い思いに楽しむ人が集う。

片栗粉の衣で揚げて甘辛味のタレに漬けた手羽先の唐揚げは一番人気。衣に絡んだタレが味わい深い

土鍋炊きご飯(焼さば)

意外な出合いは、〆で定番の土鍋炊きご飯と「獺祭45」。しっかりした味付けのご飯の旨みに、思いのほかしっくりと酒が寄り添う。

ダシで炊いたご飯に炭火で焼いた塩サバを入れ、蒸して仕上げる。ゴマがたっぷりで香ばしい。まずはそのまま、最後はお茶漬けで

旬鮮炭火焼 獺祭

神奈川県藤沢市鵠沼橘1-1-15 富洋ビル1階 ☎0466-28-0910 [営]17時〜24時 [休]不定休 [席]カウンター10席、テーブル4席×2卓、計18席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし、お通し519円別 [交]JR線ほか藤沢駅南口から徒歩4分