恋愛感情のもつれに巻き込まれると、いろいろと面倒ですよね。別れたはずなのに元彼にストーカーされたり、恋のライバルと三角関係になって争いあったり……。たいていその末路は望んでもいない結果になることが多いでしょう。


出典:NOSH

そこで今回は、そんな“恋のドロ沼に巻き込まれやすい”手相についてご紹介いたします。

 

■1:細かい感情線が切れ切れに繋がる…気まぐれな性格からストーカーされやすい

この手相の人は、気まぐれで恋愛感情が長続きしない傾向があるようです。細かく短い感情線が連続している人は、気分にムラがあり、そのときの感情に左右されやすいので、彼を振り回してしまうでしょう。さらに知能線も勢いがなく切れ切れの場合は、気まぐれ度が一層強くなるでしょう。男子をストーカー化させてしまい、別れたあとも付きまとわれてドロドロになる恐れが。

 

■2:小指と薬指の下に「島」または感情線の先端に十字がある…道なき恋を歩みがち

この手相の人は、幸せな恋を掴めそうなのに掴めないとされます。感情線上の小指と薬指の間の位置に、斜め下に向けて“島”があるのは、既婚者を好きになったり、子供に恵まれなかったり、結婚相手が見つからないなど、“道なき恋”を歩みがちなことを暗示しています。さらに、感情線の先端に十字がある場合は、最愛の人と別れることになり、その人と復縁が難しいことを表しています。

 

■3:感情線上に星、格子紋、十字紋のどれかがある…恋愛がらみの争いに巻き込まれやすい

この手相の人は、恋愛がらみの争いに巻き込まれやすいとされます。感情線の上に星型の線、四角い格子状の線、十字線のどれかがあらわれているのは、恋愛関連のトラブルが起きやすいサインです。星は憎しみや嫉妬などが原因の大ゲンカ、格子紋は浮気や不倫絡みのトラブル、十字紋は相手からの失望を意味しています。恋愛トラブルを避けるためには、相手への信頼と愛情を再確認することが大切です。

 

■4:親指の下部「金星丘」に伸びる…三角関係に巻き込まれドロ沼に

この手相の人は三角関係がこじれ、まさにドロ沼化しやすいとされています。親指下部の「金星丘」まで伸びた感情線の支線に“島”があるのは、三角関係に陥り、かなりこじれそうな暗示。解決にも時間がかかり、さらに周囲も巻き込んでしまう恐れが。感情的にならず慎重な対応を心がけてみましょう。当事者でどうにもならない場合は、第三者に間に入ってもらうのも一つの手です。

 

ドロ沼の恋に巻き込まれるのは、運のなさ以外に自分自身にも原因があったりするもの。気まぐれで相手を振り回したり、他人の彼が欲しくなってしまったり……自分の感情を抑えきれないことによってハマってしまうことも少なくありません。もしも悩んでいるなら、自分自身が周囲に対してどんなアクションをとっていたかを振り返ってみることも大切なのかもしれません。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】

※ 【まったく欲情しない…】男子が実はドン引きしている女子の下着

※ イラっとする…「年上彼氏」が実は嫌がっている5つのコト

※ 破局の原因にも…やってはいけない“同棲中”のNG行為