ことこと煮込まなくても満足のおいしさ /調理:脇雅世 撮影:竹内章雄

写真拡大

ほかにも「おでん」のレシピをチェック!

寒い日に食べたくなるものといえば、やっぱりおでん! 特にじっくり煮込んだ大根のおいしさは格別ですが、そんなおでんがたった1分の煮込み時間で作れてしまう神レシピがあるのです。

その秘密は、電子レンジ。火の通りにくい大根をあらかじめ電子レンジで加熱して、めんつゆをかけて再度電子レンジへ。これだけのことですが、大根にしっかり味がしみこむので、鍋での煮込み時間は1分でOKといわけです。

この「10分大根おでん」のレシピさえ覚えておけば、時間がないときでもおいしいおでんがすぐ食べられますよ。

 

■ 【10分大根おでん】

<材料>(2人分)

焼きちくわ(長さを半分に切り、斜め半分に切る)1本、揚げボール12個、はんぺん(4等分の三角形に切る)1枚、大根(4等分の輪切りにする)6cm(約300g)、めんつゆ(3倍濃縮)大さじ1/2、つゆ(めんつゆ(3倍濃縮)大さじ3、みりん大さじ2、水2と1/2〜3カップ)

<作り方>

(1)大根は耐熱皿に並べ、水大さじ1をふってラップをふんわりとかけ、500Wの電子レンジで約6分加熱する。すぐにラップを取ってめんつゆを回しかけ、もう一度ラップをかけて約2分おく。

(2) 鍋につゆの材料を入れて中火にかける。煮立ったらちくわ、揚げボール、大根を入れ、約1分煮る。はんぺんを加え、温まるまで煮る。好みで練りがらしを添える。

(238kcal、塩分4.5g)

 

現在発売中の『レタスクラブ』12月増刊号には、このほかにも「冬のラクうまおかず」が多数掲載されています。冬のあったか料理を手間なく気軽に作れるレシピを、チェックしてみて。(レタスクラブニュース)