来年5月のメーデー3連休、北京の人気観光スポット故宮博物院は南大庫を明、清の時代の家具展示ホールとして一般公開する。同博物院の単霽翔・院長は、「来年、当博物院の公開面積は初めて80%を超える」としている。

写真拡大

来年5月のメーデー3連休、北京の人気観光スポット故宮博物院は南大庫を明(1368−1644年)、清(1644−1912年)の時代の家具展示ホールとして一般公開する。同博物院の単霽翔院長は「来年、当博物院の公開面積は初めて80%を超える」としている。北京日報が伝えた。

清宮の建材廃棄物を貯めておく場所だった南大庫が来年のメーデー3連休に一般公開され、明・清の時代の宮廷の家具を展示するホールとなる。展示されるのはカリンやニオイシタンで作られた家具だ。

単院長によると、来年、故宮の一般公開面積は初めて80%以上になる。しかし、米国のトランプ大統領をもてなしたことで有名になった宝蘊楼という建物は公開する条件が整っていないという。宝蘊楼は、故宮の西華門内にあり、清の時代に学問を学ぶ場所だった咸安宮の旧跡だ。1915年、北洋政府の時代、瀋陽の故宮と河北省の承徳避暑山荘の文化財を保存するために、そこに民国時代の雰囲気漂う「文化財倉庫」が建てられた。中国風と西洋風がコラボするその建築物は、華麗な紫禁城において異彩を放っている。現在、宝蘊楼は主に故宮博物院の歴史を紹介する場所となっており、レンガと木材でできているため、荷重容量に限界があり、一般開放をする条件が整っていない。(提供/人民網日本語版・編集/KN)