イタリアって何かとカッコつけてくるイメージ。車にしろ、バイクにしろ、料理にしろ。ただ、それでもめちゃくちゃかっこいいのがイタリア。

イタ車バイク代表「Ducati」が新発表したパニガーレV4が早速かっこよさ、美しさを証明したようです!

先日イタリアのミラノで行われた「EICMA2017」で発表されたパニガーレV4。エンジンやデザインも一新され、超注目を集めていた車両です。

EICMA会場ではイタリアのバイク雑誌「Motociclismo」が主催する「モーターサイクルショー(EICMA)で最も美しいと感じたバイクに投票する」というコンテストを実施。Web投票の結果、16,000人以上のバイク乗りから選ばれ、発表直後にいきなり実力を見せつけちゃったんです!

2位に大差をつけ、全得票数の61.17%を集めたこのバイク、確かにめちゃくちゃ美しい…。

カウルの曲線美は分かる人からしたらヨダレもの(僕はヨダレ垂らしてます)。こんな反則級ともいえる造形美って中々無くないですか?

テールの形も「ナニコレ…」という超絶的な美しさ。しかもシートはスウェードですよ。

これってスゴイのは車じゃなくてバイクだからこのデザインが成立してるってこと。

サイズしかり、カラーしかり。車だったら大きすぎてまとまりませんが、バイクだからこそよく見えるんと思うんです。こういう造形のバイクって日本には中々ありませんよね。

別に日本車のデザインをdisってるわけでは全くありませんが、Ducatiだからこそこんなにカッコよく作れたんだと思います。

今回の投票は第13回目。実はその内の9回はDucatiが獲ってるんです。確かにDucatiのバイクってバイク好き関係なく誰がどう見てもカッコイイのが多いブランド。

車体価格は日本車よりも結構高いですが、細部たるまで気を抜かないデザインセンスを見ると値段にも納得できてしまいます。

バイク界のフェラーリ「Ducati」の美的快進撃から目が離せません!

パニガーレV4は2018年4月に導入予定。日本発売が同時かはわかりませんが、恐らく同時期になるでしょう。毎度毎度かっこ良すぎるバイクを発表し続けるメーカーとだけあって、値段関係なく売れそうな予感。

憧れが止まらない、伝説的バイクになりそうです!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

確かにスゴイ。ドゥカティ パニガーレV4が世界で最も美しいバイクに選ばれたらしい…(http://clicccar.com/2017/12/02/533970/)