デビスカップのフランスチームのノア監督は続投へ

写真拡大

デビスカップで優勝したフランスチームを率いたヤニック・ノア監督(フランス)は来年、王座防衛のためにフランスチームの監督に留任する。

フランスは11月24日から26日にかけて、同国のリールで行われた決勝で、ベルギーを3-2で下し、10回目のデビスカップ優勝を飾った。デビスカップでの勝利はフランスにとって16年ぶりだった。

ベルギーチームには、デビスカップの直前に行われた「ATPファイナルズ」で、ラファエル・ナダル(スペイン)やロジャー・フェデラー(スイス)に勝ち、決勝戦に進出する活躍を見せたダビド・ゴファン(ベルギー)が入り、主導したものの、念願の優勝には手が届かなかった。

フランスチームのノア監督の留任については、フランステニス連盟がウェブサイトやTwitterを通じて、公表したものだ。

ノアは、1983年に「全仏オープン」でシングルスタイトルを獲得した最後のフランス人で、フランスのキャプテンとして3つの「デビスカップ」タイトルを獲得しており、1991年と1996年のデビスカップでも優勝へ向けて尽力した。

(C)AP(テニスデイリー編集部)

※写真は9月のセルビア戦に臨んだノア監督
(Photo by Jean Catuffe/Getty Images)