唇にかゆみを感じるときは、唇に何かトラブルを抱えているときです。唇は身体の他の部位と違って直接粘膜が露出している部分ですから、とてもデリケート。「かゆい」と感じたときは、放置せずにすぐ対処しましょう。唇にかゆみを感じるときは、次のような原因が考えられます。

唇が乾燥して荒れている

真っ先に考えられる原因が「乾燥」です。粘膜である唇には皮脂腺がありません。そのため皮脂を分泌して自力でその部分をうるおす力がないのです。そんな唇だからこそ、すぐに乾燥しやすく荒れる頻度も高いのです。乾燥による唇のかゆみには、保湿が効果的。リップクリームやワセリンを塗って乾燥から唇を守りましょう。ちなみに唇を濡らすために舌で舐めるのは逆効果です。唇を舐めると一時的に唾液で濡れますが、水分が蒸発する際にもとから唇にあった水分まで奪われてしまいます。

口唇ヘルペスによる唇のかゆみ

口唇ヘルペスとは、「急性炎症性皮膚疾患」のことです。人から人に移る口唇ヘルペスは、ウイルスによって唇が腫れたり水ぶくれができたりといった症状があらわれます。唇のかゆみもその一つです。口唇ヘルペスは同じタオルやコップを使った間接的な接触で感染することもあれば、キスなどの直接的な接触で感染することもあります。発症すると高熱を出すおそれもあるため要注意。口唇ヘルペスになってしまった場合は、ヘルペス薬の内服で治療していきます。場合によっては軟膏などの外用薬を使うこともあるため、一度病院で診てもらうのが安心ですね。

口唇炎になっている

口唇炎とは、口や唇の周りに発症する皮膚炎や湿疹のことです。体調不良やアトピーが原因で起きることがほとんどですが、化粧品の成分などが原因で起きることもあります。口唇炎になると唇の皮がめくれたり、かゆくなったり、腫れたりといった症状が起きます。刺激を与えずにそっとしておけば自然に回復しますが、症状を何度も繰り返すようであれば一度病院で診てもらうのが良いですね。口唇炎はこまめなリップケアで唇の保湿を徹底していればリスクを防げます。

栄養不足になっている

唇は様々な栄養素から構成されています。特にビタミンB2やB6、ビタミンC、ミネラルなどの栄養素は唇の健康に大きく関わっています。食生活が偏っていると、唇が不健康な状態になってかゆみや乾燥といった事態を招きます。栄養の偏りがないよう、バランスの良い食生活を心がけてみましょう。


writer:さじや