第1次結婚ラッシュは、25歳前後。

第2次は30歳を目安に訪れ、第3次は35歳前後で起きやすいといわれています。1次も2次もタイミング的に合わず、いまだに独身生活を楽しまれている皆さん!すでに諦めモードに入っている人もいそうですが、まだまだ間に合います。

ただし、焦る気持ちをおさえきれずに空回りしないように気をつけて!

今回は、婚活中の30代女性がやりがちなNG行動をご紹介します。

SNSを通して男性陣にアピール

心の中では結婚をしたくて仕方がない。

でも表には出したくなくて必死に不安や焦りをおさえていませんか?しかし、周りの男性はあなたがマイナスな気持ちでいっぱいになりそうなことに気がついています。なぜなら、SNSを通しての自己主張が強すぎるから!

まるでモデルさんのように筋トレやヨガをしている動画を載せたり、文化的な生活をしていることをアピールしたりと、皆さんにではなく男性ウケを狙って載せると、その真意はバレバレ……。女性の友人たちだって、本人に言わないだけで「あざとい」と思っているはず。

SNSは自己表現をする場所ですが、あくまでも婚活のツールとして使用するものではありません。本来の目的から大きく外れないで。

スピリチュアルにハマり始める

結婚もできない、彼氏もいない、子どもを産みたいけど相手がいない。

そんなとき、頼りにしてしまうのが占い師さんたちです。元々感性が鋭く、占いが当たりやすい体質なら、なおさら心の支えになるでしょう。

たしかに占い師さんたちには見えない何かが見えているのかもしれませんが、あくまでも「助言」です。その通りの未来を希望するかは、結局、本人次第。占い師さんに「○年後には彼氏ができる」と言われても、ご縁やタイミングが重なれば、予定よりも早く出会える可能性も0ではありません。

現在の複雑な気持ちを言い当ててくれると、たしかにスッキリしますが、決して傾倒してはいけません。あくまでも趣味の一環、もしくは、カウンセラーさんに助言を求める感覚で通うといいかも。

自分磨きしている私に酔ってしまう

独身だから、自由な時間をすべて自分磨きに。

その思いは、とても強くかっこよくても、見せ方によって周囲から反感を買う場合も。

たとえば、ヨガを習いインストラクターを目指してがんばっています、と途中の段階で報告するよりも(実は)インストラクターの資格をとりました、と目標を達成したうえで、報告するほうがとてもかっこいい!まさに大人な女性という感じがして、周囲も自分磨きをがんばっているあなたをとてもイタいとは表現しません。

なかには、がんばっている姿をすべてSNSに載せる人もいますが、それはモデルさんだったら成立することであって、一般人が同じ感覚で載せると、周りと溝ができてしまうでしょう。自分磨きはほどほどにするか、もしくは何もかも自慢しないように気をつけて。

情緒不安定な部分を周りに見せちゃう

一人でいるからこそ、不安定になりやすい。

実家暮らしならまだ家族と一緒にいて気が紛れますが、一人暮らしの場合は「もし、今具合が悪くなったらどうしよう」「ずっと一人だったら悲しい」と、深い闇に包まれそうになる日も少なくはないはず。

問題は、そのときの心理的な変化をすべて見せちゃうこと。特にTwitterはSNSの中でも、リアルタイムでつぶやきやすく、ありのままに思ったことを書く人も多いですね。

しかし、今はあくまでも婚活中で、できればマイナスな印象をもたれたくないなら、情緒不安定になっても、すべてさらけ出さないように、どうにか踏みとどまりましょう。みんな見せないだけで、不安や孤独とはいつも戦っているものです。

大人の女性なら、独りよがりになってはNGですよ!

いかがでしたか?

婚活中だからこそ、気をつけなければいけないことがたくさんあります。特に、自分からセルフイメージを下げるのは絶対にしないこと!

いつどんなタイミングで素敵な男性が遠くから見ているか分かりません。悲しい・寂しい気持ちになっても、いつも上機嫌でいられる女性を目指しましょう。