現地時間12月1日、Appleは開発者向けページにおいて、Mac App Storeへの新規アプリ申請について、2018年1月からは64ビット対応が必須となることを改めて告知しました。

2018年6月には32ビットアプリ完全非対応に

6月の世界開発者会議(WWDC 2017)では、macOS High Sierraが32ビットアプリをサポートする最後のOSとなり、2018年1月には新規に申請される分が、2018年6月にはアップデートも含めて、32ビットアプリがサポートされなくなることが発表されています。
 
Appleは開発者ページで、Mac App Store以外でアプリを配信している開発者に対し、今後アップデートされるmacOSでも動作するよう、アプリを64ビット対応とするように呼びかけています。

iOSはiOS11から64ビットに完全移行

iOSについては一足先にアプリの64ビット化が進められており、9月のiOS11リリースによって、32ビットアプリは完全に起動しなくなっています

 
 
Source:Apple
(lunatic)

 
 

使い方をわかりやすく徹底解説!iOS11関連記事

iOS11でバッテリー消費を改善する6つの方法iOS11で戸惑う、11の変化と対処法iOS11新機能 使い方解説記事まとめ!