関根恵子(高橋惠子)がまぶしい制服姿を披露している「おさな妻」/(C)KADOKAWA1970

写真拡大

12月9日(土)より、東京・角川シネマ新宿ほかにて「大映女優祭」(配給:KADOKAWA)が開催される。

【写真を見る】「遊び」では制服のブラウスを脱ぎ捨て、水に濡れたなまめかしい裸体を惜しげもなく披露した関根恵子(高橋惠子)/(C)KADOKAWA1971

1942年に設立された映画会社「大映株式会社」は、長谷川一夫、市川雷蔵、勝新太郎、船越英二、田宮二郎、川口浩、京マチ子、山本富士子、若尾文子、中村玉緒、藤村志保、関根恵子(現・高橋惠子)、渥美マリら伝説の映画俳優を数多く輩出してきた。

その設立75周年に当たる2017年、それを記念して開催される同映画祭は、大映を彩った数多くの映画作品の中から、女優が主人公となる“女優主演作品”に特化した上映ラインアップが最大の特徴だ。

大映作品の女性たちは男性の添え物としての存在ではなく、自分の意志を持ち、自らの力で人生を切り開き生き抜こうという強い信念を持つ女性。つまり、内面の強さと外見の美しさを兼ね備えた、強く、たくましく、凛々しい女性が多く登場するのが定番だ。

そして艶やかな色気をまとう女優のイメージが強い大映作品だが、フレッシュな女優の魅力が詰まった作品も数多く存在する。その中から“青春の象徴”である制服カットを厳選して公開する。

■ セーラー服がまぶしい! 関根恵子の初々しい魅力が光る「おさな妻」

前作「高校生ブルース」で衝撃のデビューを飾った関根恵子の主演作第2弾。女子高校生であり人妻である、という当時としてはセンセーショナルな設定と、10代の瑞々しい魅力をそのまま切り取ったかのようなセックスシーンが話題を呼び、公開当時“おさな妻”ブームを起きたほど。

■ 17歳の関根が描き出す、あでやかでほろ苦い青春模様

「おさな妻」のヒットから1年、関根の主演作が相次いで公開となった。大映の関根出演作で唯一ヌードシーンがない映画「成熟」では、関根が山形・庄内平野を舞台に、古いしきたりに振り回されるヒロインを好演。

一方で数多くの名作を生み出した増村保造の大映最後の作品である「遊び」では、制服の白いブラウスを脱ぎ捨て、水に濡れたなまめかしい裸体を惜しげもなく披露している。

■ あらすじ

「おさな妻」…才色兼備の女子高校生・玲子は母と2人で暮らしていたが、突然母に先立たれ、優しい叔母に引き取られた。しかし、その息子に襲われ、危ういところを逃げ出す。

やがて、かつて通った幼稚園で恩師の手伝いをするうち、母を亡くした園児・まゆみに慕われ、まゆみの父・吉川にも好意を寄せられるようになり、2人は結婚を決意する。

「成熟」…町工場で働く16歳の少女が、内職をする母と寝たきりの姉そして父の残した借金を返すため、昼も夜もベルトコンベアーに追い回される毎日を過ごす。

何の楽しみもない少女は、休日街へ出て少年に声をかけられるままに、喫茶店、映画館へ付いていく。生まれて初めて優しくしてくれた男性がチンピラとも知らずに…。

「遊び」…山形県庄内平野の鼠ヶ関には古くから“みこし流し”という祭が行われていた。その日、農業高校写真部のゆう子は、ライバルである水産高校の生徒・隆二と出逢い、お互いに好意を感じた。

しかし、「みこしを担いで海に入った男の濡れた体は、将来を誓い合った娘以外は拭いてはならない」というこの祭の古い言い伝えを知らなかったために、大変な騒動に巻き込まれてしまう…。(ザテレビジョン)