20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内でテレアポの派遣スタッフとして働いている渡部莉緒さん(38歳)。ケアのいき届いた胸まであるきれいな黒髪に、色白な肌が印象的な女性です。服装は80年代のようなレトロチックなひざ丈ワンピースに、ブランド物のバッグと、ややアンバランスさを感じます。「物欲が無くて、オシャレにもそこまで興味が無くて……」と控えめに、あまり通らない小さな声で語ります。一見真面目そうな莉緒さんのセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は福岡県で、両親と5歳、2歳上の姉がいる5人家族です。父親は料理人で、母親は専業主婦です。福岡って男性をたてる女性が多いイメージだと思いますが、私の家はそんなこともなく3人もの娘を育てている母親のことを父親は尊敬していたと思います。家族仲は良かったんですが、父親はサービス業なので土日は休みじゃなくて家族の行事のほとんどに不参加でしたね……。その寂しさを埋めようと、母親は色んなところに私たちを連れてってくれました。今は父親も退職し、両親でよく旅行に出かけていますね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学生の時ですね。大学進学で東京にやってきたんですが戸惑うことばかりで、半年経ってもなかなか馴染めていない私を見かねて、友人が男友達を紹介してくれたんです。最初の何度かは友人も含めて会っていて、その後2人でデートするようになって、告白してもらって付き合いました。彼は真面目そうで優しそうといった、そこまで特徴があるタイプではなかったですが、控えめな態度に同じ雰囲気を感じて好きになりましたね。

でも、付き合いが長くなるにつれて、私への態度が横柄というか、暴力は受けていないものの暴言がすごくて……。みんなの前で『とろい』とか、『何をやらしても満足にできない』とか罵られたりするようになり、彼といるのが苦痛になっていったんです。好きかどうかも分からなくなり、自分では別れられなかったので、友人に中に入ってもらって別れられた感じです」

東京での生活はさらに厳しいものになっていき……

大学時代は恋愛に失敗し、さらに就職活動にも失敗……。アルバイトで生活するも家賃が厳しくなり友人の家に居候することになったそうです。

「就職活動が全滅したんです……。大学生活も終盤に、就職が決まっていないことで居心地が悪かったですね……。一度福岡に帰ることも考えたんですが、帰っても仕事があるわけじゃないし、地元の友人たちも私を抜いたグループとかができていたので戻りづらくて……。親には使用期間としてアルバイトからスタートして、その後契約社員にしてもらえる仕事に就くことになったと嘘をつきました。

アルバイトは小さな会社の事務と雑務の仕事で、夜は週2〜3ほど居酒屋で働きました。半年ほどは学生時代からのアパートで生活できていたんですが、仕送りがなくなったことで貯金を切り崩して家賃を払い続けることが限界になってきて、友人に相談したら居候をさせてもらえることになりました。友人はもちろん女の子で、大学からの付き合いでちゃんと就職できている子です。本当にありがたかったです。私には絶対に向いていないと思いながらも、夜の仕事も視野に入れていたので」

その後、アルバイト生活の中で新しい友人に恵まれ、飲み会の中で新しい出会いがあったと言います。

「居酒屋のアルバイトのほうで新しい友人がたくさんできて、その友人たちの紹介で、1人の男性と出会ったんです。彼は普通のサラリーマンで年齢は3つ上でした。見た目はそこまでカッコよくはないけど、明るい盛り上げるタイプで、友人も多そうでした。彼とはその場ですぐに打ち解けて、その日のうちに彼の家に行ってしまい、そういう関係になってしまいました。出会ってその日のうちになんて、自分がそんなことができるキャラだと思ってなかったので、翌日の後悔はすごかったですよ……。でも次の日に彼から付き合おうと言われて、付き合うことになったので結果オーライかなと。実際彼のことは知らないことばかりだったんですが、断る理由もなかったので。その後、彼のマンションで過ごすことが多くなり、そのまま同棲することになったんです。でも、彼は女性もお金もルーズなタイプで……。最後まで辛い思い出しかありませんね……」

「今振り返ると、就職活動に失敗した時点で福岡に帰っていたほうがよかったと思いますね」と莉緒さんは自身の行動を悔やむ発言を繰り返していました。

一緒に暮らすのであればと引っ越したのはタワーマンション。家で飲み会を繰り返される中、目の前で別の女性とイチャイチャされ続けて……。〜その2〜に続きます。